みんなのドラマ見て得キャンペーン
2017年8月3日
バタバタ・シバタ!
バタバタ・シバタ!

惜しかったんですけど・・・
「惜しかったんですけど・・・」

 またまたお邪魔させていただきました“バタバタ・シバタ”。
今回は、最近たまたま続いていた“飛ぶ”体験の話をさせていただきました~。
 
 
 6月から7月にかけ、2度なかなかできない体験をさせていただきました。
1回目は、先日のブログでも書かせていただきましたが、“テレビ塔ダイブ”。札幌のシンボル、さっぽろテレビ塔から飛び降りるというもの。高さ27メートルの高さの恐怖感はぜひ皆さんも味わっていただく価値ありだと思います!10月まで体験できますので、夏休みにいかがでしょうか。
 

 そしてもう一つは、5年ぶりの札幌公演となった木下大サーカスの“空中ブランコ体験”。これは特別に体験させていただきました。地上13メートルの高さのブランコにぶら下がり、
反対側から近付いてくる“キャッチャー”と呼ばれる人に向かって飛び、自分の手をつかんでもらえると成功となります。
 

 まずは別の場所で、飛び出すタイミングと、手を放した後の体の動きを教えてもらいます。
器械体操を経験している自分にとっては、鉄棒や吊り輪の感覚と近いものがありますが、器具が動く感覚は未知の世界です。(ちなみに吊り輪は輪を揺らすと減点対象になるのです・・・)かなり思い切って体を振り、思い切って手を放した後の動きをしなければいけないということを習って、いざ本番です。
 

 本番は一度きり。大勢の観客の皆さんが見守る中、その時を待ちます。
団員の方の合図とともに飛び出しました。が・・・そんな簡単なものではありませんでした。キャッチャーさんと右手の指先が触れ合うことはできましたが、掴みきることができませんでした
映像で振り返るとタイミングといい、体の動かし方といい、教えていただいたことの半分くらいしかできなかった反省点があり、悔しさがこみあげてきました
 

 ただ、体験してわかったことは、サーカス団員の皆さんは、常に“一度きり”の世界で勝負を挑んでいます。血のにじむような練習を積み重ね、舞台で完璧な演技を見せてくれる皆さんのレベルの高さがすごいということが、よ~くわかりました
8月29日まで公演中ですので、こちらも夏休み中にぜひその迫力を体感してみて下さい!
自分も先日は緊張して集中して見られなかったので、また見に行きたいですね~
 

 最後に温かい声援を送っていただいた会場の皆様、本当にありがとうございました。いつかまた成功する日々を夢見て精進します(笑)。
詳しくは番組でご確認いただければ幸いです。
 
 
バタバタ・シバタ! 8月6日(日) 深夜0時30分~ 
ぜひご覧ください!


チャレンジの模様が明らかに!
「チャレンジの模様が明らかに!」


篠原 巨樹(しのはら なおき)
入社以来ニュース、情報番組、テレビセールスの仕事などいろいろな経験をしてきました。毎日多くのことが起きるニュースの現場、内心ドキドキですが皆様はどうか気楽な気持ちでご覧ください。よろしくお願いします!