みんなのテレビ

高速道路ナンバリング 北海道旭川・紋別自動車道で導入

2017年3月19日18:00
 外国人など地元の道路に不慣れなドライバーに路線を分りやすくするため、高速道路の番号を記した標識が、北海道内で初めて導入されました。

 旭川・紋別自動車道の丸瀬布・遠軽瀬戸瀬区間が19日午後3時に開通しました。
 遠軽瀬戸瀬インターの入り口の標識には、旭川・紋別自動車道E39と記されています。この高速道路ナンバリングは国土交通省が進めていて、路線名に加え、アルファベットと数字を組み合わせて表示されます。道央道はE5、道東道はE38と地図にも表記され、番号をたどれば、路線が分る仕組みとなっています。
 国交省では今後、ドライバーの利便性を高めるため、整備をすることにしています

直近のニュース