ドリームジャンボUHB

鈴木宗男代表 「公民権」回復へ 独占"激白"<後編>「安倍首相が"自民党の候補をよろしく"と」

2017年4月28日21:00
 あっせん収賄などの罪で実刑判決を受けた、新党大地の鈴木宗男代表が4月30日、公民権を回復します。

 2日後に控えた28日、鈴木代表はUHB「みんなのニュース」に生出演し、次期衆院選への出馬の可能性、娘の貴子衆院議員の今後、自民党、安倍首相との関係などについて、大胆に語りました。

 <後編>

 篠原巨樹キャスター:「民進党からは、かつての影響力はないのでは、と指摘がありましたが、いかがですか? 」

 新党大地 鈴木宗男代表:「今の民進党さんのコメントが、民進党さんが、北海道民から理解されない、国民から評価されない、一番だと思っています。市橋修治さん(民進党北海道・幹事長)に、私は評価されるほどの立場ではない。レベルが違うことだけは、はっきり申し上げたい」

 京谷和央解説委員:「貴子さんが自民党の比例区から、鈴木代表は新党大地の比例区から、となると"がっぷりよつ"になってしまう。選挙区は自民党、比例区は新党大地という、今までのやり方ができなくなる。どうですか? 」

 新党大地 鈴木宗男代表:「それは間違った判断だと思います。安倍首相は、12月19日、1月11日、3月10日、4月3日、4月21日に会った時も、『北海道の選挙は、鈴木代表にかかってます。新党大地にかかってます。どうか鈴木先生、自民党の候補者をよろしくお願いします』といいます。私は、小選挙区は、自民党の候補者を応援する。今、小選挙区で自民党は、3つ負けてますから。私が応援することによって、3つ取れれば、比例区はなくても良いわけです。それで、きちっと棲み分けができるし、お互い、選挙協力の結果、"ウィンウィン"の関係になると、こう思ってます」

 篠原巨樹キャスター:「日露首脳会談が行われましたが、元島民からは、『領土問題としては、進んでいないのではないか』という声がありますが、その辺についてはいかがですか?」

 新党大地 鈴木宗男代表:「共同経済活動をすることによって、これが平和条約の一歩なんです。領土問題の解決に向かっているんです。外交交渉していない人は、ぴんとこないかもしれませんが、私は、誰よりも外交交渉をやってきた者として、安倍首相は、今回の首脳会談は、見事なものだ。領土問題の解決は、新たなスタートをしたと思っています」

直近のニュース