ドリームジャンボUHB

札幌市長 老朽化マンション問題 「何年間も報告ない建物は公表」対策講じる考え

2017年3月23日20:01
 札幌市西区でマンションの壁が崩落した問題をめぐり、札幌市の秋元克広市長は、長期間、定期報告をしていない建物の名前を公表するなどの対策が必要との考えを示しました。

 秋元克広札幌市長:「何年間も報告のない建物は、名前を公表するなど、報告が促進される手だてを考えなければならない」

 札幌市の秋元市長は3月23日の会見でこう述べ、法律で義務付けられている建物の定期報告を徹底させるため、対策を講じる考えを示しました。

 札幌市西区で壁が崩落したマンションは、約20年間にわたって、義務付けられている定期報告をしていなかったことが分かっています。

 一方、秋元市長は、元職員の官製談合事件や小中学校のアスベスト問題など不祥事が相次いだことを受け、市長自身と副市長など特別職4人について、減給処分とする条例改正案を定例市議会に提出するとしました。

直近のニュース