みんなのドラマ見て得キャンペーン

台風被害のジャガイモ生産地 植え付け盛ん「普通の夏秋になって」 北海道芽室町

2017年5月12日12:45
 2016年8月の台風で被害を受け、ジャガイモが不作となった北海道芽室町で、2017年のジャガイモの植え付けがいま、盛んに行われています。

 芽室町では4月下旬から、ジャガイモの植え付けが始まりました。

 この農家では、約10ヘクタールの畑に、トラクターに取り付けられた機械で、種イモを一定間隔で植えていきます。

 ジャガイモは、2016年は台風の影響で不作だっただけに、2017年の収穫への思いは、強いものがあります。

 ジャガイモ農家 藤平優太さん:「2016年みたいにならなければ。普通の、例年通りの夏を過ごして、秋になってくれればいい」

 芽室町のジャガイモはお盆明けから収穫が始まり、食用やポテトチップスなどの加工用として出荷されます。

直近のニュース