みんなのドラマ見て得キャンペーン

ファイターズ新球場 札幌市に"切り札"浮上? 住宅団地を「ホテルに活用も」 札幌市

2017年5月17日19:02
 ファイターズの新球場構想で、札幌市の候補地の一つ、「旧月寒ドーム周辺」の不足分を補う土地として、近くの雇用促進住宅を飛び地として活用するアイデアが浮上していることが明らかとなりました。

 関係者によりますと、札幌市の新球場候補地のひとつである旧月寒ドーム周辺について、広さが足りない分を補う土地として、札幌市豊平区月寒東1条の雇用促進住宅の土地が浮上しているとみられています。

 この場所は飛び地となるものの、候補地から近く、面積は約1.7ヘクタールあり、4年後までの譲渡・廃止が決まっていることから、ホテルなどにも活用できる可能性があるとみられています。

 ファイターズの新球場をめぐり札幌市は、旧月寒ドーム周辺が球団側の希望面積よりも狭いことから、不足分を補う土地として、飛び地も検討する可能性を示していました。

直近のニュース