みんなのドラマ見て得キャンペーン

空のスプレー缶 "穴開け"不要で"燃やせるごみの日"OKです 透明の袋に入れる 札幌市

2017年7月3日12:35
 札幌市では7月から、使用済みのスプレー缶を穴を開けずに燃やせるごみの日に出せるように変わりました。

 札幌市では、これまで使用済みのスプレー缶は穴を開け、月1回の燃やせないごみとして回収していましたが、穴開け作業が原因とみられる火災で、過去3年間に計3人が亡くなり、回収の見直しを検討していました。

 7月からは、週2回の燃やせるごみの日に、穴を開けず出せるようになりました。

 札幌市民:「ガスボンベに穴を開けるときは怖かった」「(ガスが)シューっと出てくるから怖かった」

 また札幌市は、年間50件にも上るごみ収集車の車両火災が発生していることから、有料のごみ袋に混入させず、スプレー缶は透明の袋に入れて出すよう、求めています。

直近のニュース