みんなのドラマ見て得キャンペーン

10人以上 結核集団感染 「さらに増える可能性」指摘 北海道小樽市

2017年7月3日19:15
 北海道小樽市の病院で、2016年7月以降、患者や職員など10人以上が結核に集団感染していたことが分かりました。

 結核の集団感染があったのは、小樽市内の病院です。

 小樽市保健所によりますと、2016年7月、入院している50代の男性患者が肺結核と診断されました。

 その後、2017年4月までに20代から70代までの患者と職員、計10人が発病したほか、2人の感染が確認されました。

 保健所は検診を続けていて、今後さらに感染者が増える可能性も否定できないとしています。

直近のニュース