みんなのドラマ見て得キャンペーン

暑さ続く猛暑日も 熱中症への十分な注意が必要北海道

2017年7月6日20:00
 7月6日は、札幌市内でも朝から強い日差しが降り注ぎ、気温がグングン上がりました。7日は北海道でも、2017年初めての猛暑日となる所がありそうです。

 気象予報士:「強烈な日差しが照りつけています。思わず、日陰に逃げたくなるぐらいです」。

 6日の北海道は、広い範囲で真夏の暑さとなりました。最高気温は、日高町で31.4℃、札幌市でも29.1℃となりました。

 街の人:「いい天気。気持ちいい」「暑いですね。ビール飲んでいないと、やってられないです」

 この暑さ、6日がピークではないんです。

  気象予報士:「7日は、6日以上に厳しい暑さとなります。北海道は、高気圧に覆われ、7日朝から強い日差しが降り注ぎます。高気圧のふちを回るように、南からさらに強い空気が流れ込み、北海道は、だんだんと暖められている状態です」

 7日の最高気温は、帯広市では35℃など、十勝地方を中心に35℃以上の猛暑日となるほか、札幌市でも30℃と、2017年初めての真夏日となる予想です。

 この厳しい暑さは、9日ごろまで続く予想で、こまめに水分を補給するなど、熱中症への十分な注意が必要のほか、食虫毒対策など、食べ物の管理にも注意が必要です。

直近のニュース