みんなのドラマ見て得キャンペーン

「手稲山499回目」 遺体はベテラン登山愛好家と判明 "くの字"で倒れて発見 札幌市

2017年7月11日08:42
 札幌市の手稲山で7月9日、男性とみられる遺体が見つかりましたが、その後の調べで5月に行方不明となっていた88歳の男性とわかりました。

 男性は手稲山登山499回目のベテランでした。

 遺体で発見されたのは、北海道北広島市の無職、伊野昌司さん(88)です。

 伊野さんは5月23日午前6時ごろ、家族に「手稲山499回目」というメモを残して外出し、その後行方不明になっていました。

 9日午後2時30分ごろ、手稲山に登山に訪れた男性が頭を下に、くの字で倒れていた伊野さんを発見し、警察に届け出ました。

 伊野さんに目立った外傷はなく、警察で死因の特定を進めています。

直近のニュース