みんなのドラマ見て得キャンペーン

夏の交通安全運動初日 トレーラー街路灯に激突 運転手死亡 直線道路"蛇行したような痕" 北海道

2017年7月11日12:35
 夏の交通安全運動初日の7月11日、北海道各地で啓発活動が行われるなか、帯広市ではトレーラーの事故で、1人が死亡しました。

 北海道では11日から夏の交通安全運動が始まり、札幌市手稲区の小学校では、児童らが祖父母に向けたメッセージカードを作成しました。

 北海道では2017年、交通事故で10日までに、高齢者など63人がすでに死亡していて、警察はイベントを通じて、交通事故の撲滅を図りたい考えです。

 一方、北海道帯広市西16条北2丁目の市道で、11日午前2時前、トレーラーが反対車線にはみ出して、街路灯や軽自動車に衝突しました。

 この事故で、運転していた会社員の猪又智幸さん(55)が病院に運ばれましたが、死亡しました。

 猪又さんに目立った外傷はなく、警察は病気の可能性もあるとみて、調べています。

直近のニュース