みんなのドラマ見て得キャンペーン

ハスカップ味も…ラムネ生産ピーク 透明度全国一"支笏湖の水"使用 北海道

2017年7月12日12:25
 連日、北海道らしくない暑さが続いていますが、北海道苫小牧市の工場では、夏の定番、ラムネの生産がピークを迎えています。

 瓶同士が当たり、風鈴の様な涼しげな音が響きます。

 苫小牧市の工場では、6月からラムネの生産が本格的に始まっています。

 この工場では、懐かしい定番のラムネや、ハスカップ味など9種類を、1日に1万2000本生産しています。

 ここで生産されるラムネは、ミネラルウォーターにもなる支笏湖の水を使っていて、絶妙な炭酸の加減もあって人気が高く、全国に出荷されています。

 ラムネの生産は8月下旬ごろまで続く予定です。

直近のニュース