みんなのドラマ見て得キャンペーン

"資源減が深刻" サンマ 日本提案"国別漁獲枠"盛り込めるか 国際会合始まる 札幌市

2017年7月13日12:18
 北太平洋でのサンマ漁をめぐり、日本は7月13日から札幌市で始まった国際会合で、国別の漁獲枠を新たに設ける提案を行い、議論が始まりました。

 記者:「札幌市内のホテルにはロシア、中国の担当者らが集まっています。日本の提案がどう受け止められるか、3日間の駆け引きが始まります」

 札幌市で始まった、北太平洋漁業委員会の会合。日本や中国、台湾など8つの国と地域の代表が集まりました。

 会合で日本側はサンマ漁について、国別の漁獲枠を新たに設ける提案を行っていて、「資源量が減少しているサンマやサバは、厳しい資源管理が必要だ」と呼びかけました。

 ただ、日本周辺の公海での乱獲が指摘されている中国・台湾が応じるかは不透明です。

 会合は7月15日まで行われます。

直近のニュース