みんなのドラマ見て得キャンペーン

札幌法務局で"1日探検会" 小学校5年生・6年生50人が参加 札幌市

2017年7月27日12:00
札幌市中央区の札幌法務局では、法務局の仕事を身近に感じてもらおうというイベントが開かれています。

 記者:「実際の業務で使う機械を使って、児童たちが小切手を切る作業をしています」

 このイベントは日常生活に身近な法律を、楽しく学んでもらい、法務局の仕事について理解を深めてもらおうと開かれ、小学校5年生から6年生計50人が参加しました。

 参加した小学生:「これでもう(小切手が)書き換えられないと思ったら、ちょっとびっくりしました」

 イベントでは、子どもたちが社長になって会社を登記したり、会社の名前を考えたりと、普段できない体験をして楽しく学んでいました。

 人の考えを理解し、思いやりの大切さについて学ぶ、人権教室も開かれ、子供たちは法務局の幅広い仕事について、理解を深めていました。

直近のニュース