みんなのドラマ見て得キャンペーン

中国人女性 不明から8日 阿寒湖パン店立ち寄り 25日夜「湖畔を一人で」目撃証言も 北海道

2017年7月31日19:01
 7月23日から行方が分からなくなっている26歳の中国人女性。

 その後の取材で7月25日夜、良く似た女性が阿寒湖近くを歩いている姿が目撃されていました。

 行方が分からなくなっているのは、中国の小学校教師、危秋潔さん(26)。消息を絶ってから1週間以上がたちましたが、有力な手掛かりはまだありません。

 記者:「午前10時30分を回りました。警察による捜索がこれから始まります」

 阿寒湖畔では30日、10人以上の警察官が、湖周辺の草やぶなどを念入りに捜索。さらに湖でも警察官2人が船で周辺を見て回りましたが、行方がわからないままです。

 31日も、温泉街などで聞き込みなどが続いています。

 危さんは23日朝、阿寒湖温泉のホテルをチェックアウトしてから、行方不明になっています。

 そんななか、週末に新たな情報が寄せられました。

 ホテルを出た直後の23日午前10時ごろ、宿泊先近くの、コンビニエンスストアの防犯カメラに、危さんに似た女性が映っていたことが、関係者などへの取材で新たにわかりました。

 また、コンビニ近くにあるパン店でも、危さんによく似た女性が来店したとの情報が。

 赤い鞄などを持った女性は、パンを数個買ったということです。

 さらに…。

 記者:「行方不明の女性に似た人が、こちらの歩道を歩いているところを見たという目撃情報がありました」

 目撃者:「25日の午後8時30分ごろ、髪の長い、黒っぽい服をきた女の人。阿寒湖の方に歩いていた。湖畔の方に」

 よく似た女性が目撃されたのは、ホテルを出た2日後の、25日夜でした。

 阿寒湖の滝口付近の歩道を、一人で歩いていたといいます。

 警察も、この目撃情報を把握していて、危さんが、阿寒湖周辺にいる可能性もあるとみて、行方を捜しています。

 危さんの父親:「日本の警察の方に領事館の方にサポートを受けて、心から感謝しています。よい結果が出来て、娘を連れて帰りたいです」

 先週に北海道入りした、危さんの父親たちは、札幌市内の宿泊先などを訪れました。

 警察は、事件事故の両面で調べるとともに、情報提供を呼びかけています。

直近のニュース