みんなのドラマ見て得キャンペーン

"リアル"北朝鮮ミサイル通過から4日目…"防災の日"ミサイルや地震想定の訓練各地で 北海道

2017年9月1日12:24
 防災の日の9月1日、札幌市の小学校では地震を想定した避難訓練が実施されたほか、北海道滝川市ではミサイル発射を想定した訓練が実施されました。

 アナウンス:「強い揺れが来ます。机の下にもぐって、自分の身を守りなさい」

 札幌市白石区の北郷小学校では、全校児童710人による地震を想定した避難訓練が行われました。

 また、消防などの防災関係機関と連携した「1日防災学校」も開かれ、高橋はるみ北海道知事が視察しました。

 児童は非常食を食べたり、防災の知識が学べる「かるた」に取り組むなど、防災についての意識を改めて確認しました。

 一方、北海道滝川市ではミサイルを想定した避難訓練が行われ、市民約200人が参加しました。

 市民には、訓練の緊急速報メールが受信できる端末が渡され、ミサイルが日本に飛来する可能性があることが知らされたほか、屋外のサイレンでも、緊急事態が知らされました。

 参加者:「心構えとしてやっている。肌で感じなければならない」

直近のニュース