みんなのドラマ見て得キャンペーン

"生で食べられる食パン" 大阪発の人気店 札幌上陸 円山地区"パンの戦い" 北海道札幌市

2017年9月2日07:30
 大阪の名店が北海道初上陸です。

 9月1日、全国で54店舗を展開する食パン専門店が、札幌市内にオープンしました。場所は、パンの激戦区として知られる円山エリア。戦いがますます激化しそうです。

 札幌市中央区の円山エリアにオープンした食パン専門店「乃が美」。

 1日午前11時の開店を前に、約150人の行列ができました。

 客:「1番乗りです。広告を見て、北海道初上陸というので食べたいと思った」「東京のお店のことは知っていたので、札幌にもできないかなと、思っていた」

 お目当ては、全国各地で売り切れ続出、行列必至のこちらです。

 乃が美 阪上雄司社長:「耳まで軟らかく口どけのよい、“生食パン”というのを一本勝負で販売させていただいてます」

 「生食パン」、聞きなれない名前ですが、小麦粉にこだわり、耳まで柔らかく仕上げた食パンのことです。

 乃が美は2013年、大阪で1号店をオープン。

 生食パンが人気を集め、全国に54店舗を展開するまでになりました。

 パンの専門サイトで、食パン部門のランキング1位に選ばれるほどの人気です。

 乃が美 阪上雄司社長:「あらゆる激戦区で、乃が美は勝ってきた。皆さんが支持している円山エリアだからこそ、試してもらえるのでは」

 円山エリアはパンの激戦区ともいわれる地域。

 数多くのパン専門店がしのぎを削っています。

 北海道初上陸の食パンは、舌の肥えた客を捕まえることはできるのでしょうか?

 円山エリアでは、新しいパン専門店のオープンが続いています。

 4月に店を出した「ペンギンベーカリーカフェ」。

 北海道内に4店舗を展開しています。

 ペンギンベーカリーカフェ 道本孝一さん「弊社のパンは、ほとんど北海道産小麦を使っていて、天然酵母をふんだんに使ったパンを作っています」

 1番人気はこちらも「食パン」です。北海道産の小麦、「ゆめちから」を使用し、もっちりとした食感が特徴です。

 客:「今まで食パンは、いつも売り切れで食べられなかったんです。それできょうは予約して」

 ディレクター「Q. 何度も来ている?」

 客:「(何度も)来てます。店内で食事とかできるから、とても便利」

 乃が美が高級志向なら、ペンギンベーカリーは親しみやすさで勝負。

 キッズスペースやカフェスペースを設け、誰もが利用しやすい店づくりを心がけているといいます。

 食欲の秋、おいしい戦いが、注目を集めそうです。

直近のニュース