みんなのドラマ見て得キャンペーン

日ハム新球場構想 札幌市が協議 "球団側から"具体的な施設配置図示す 今回初 北海道

2017年9月11日12:17
 北海道日本ハムファイターズの新球場構想をめぐって、札幌市と球団の5回目の協議が9月11日、行われています。球団側は、候補地での施設の配置図を示したとみられます。

 札幌市の球団事務所で開かれた、札幌市と球団による5回目の実務者協議。

 今回は、球団側が札幌市に対し、札幌市の2候補地での施設の配置図などを示し、構想を説明したとみられます。

 札幌市の候補地は、旧月寒ドーム周辺と北大構内の2か所で、球団側が具体的な施設の配置図を示すのは今回が初めてです。

 今後は、敷地内の建物の割合を制限する建ぺい率の緩和など、候補地ごとに話し合いが進むとみられます。

 一方、すでに10回の協議を重ねている北広島市は9月、球団に提示したイメージ図をホームページで公表するなど、誘致に力を入れています。

直近のニュース