みんなのドラマ見て得キャンペーン

4人死亡 自衛隊機墜落 「自動操縦"解除"を認識せず」事故調査結果を公表 北海道

2017年9月13日19:02
 2017年5月、救急搬送に向かっていた自衛隊機が、北海道北斗市の山中で墜落し、4人が死亡した事故で、陸上自衛隊は、自動操縦が解除されていたことを認識していなかったことなどが原因とする事故調査結果を公表しました。

 この事故は2017年5月、札幌市の丘珠空港を飛び立ったLR-2連絡偵察機が函館空港に向かっている途中、北斗市の山中で墜落し、乗員4人が死亡したものです。

 陸上自衛隊は、調査結果について、操縦士が自動操縦が解除されていたにも関わらず、自動操縦状態にあると認識して飛行を続けていたことや、雲の中だったため、機体が傾いたことへの対処が遅れたのが主な要因との調査結果をまとめました。

 今回の調査を受け、陸上自衛隊は9月15日からLR-2の自動操縦を使用しない飛行訓練を再開します。

直近のニュース