みんなのドラマ見て得キャンペーン

滝野すずらん公園"クマ"騒動 当面は"閉鎖"侵入防止措置続く 互いに"安全"なために 札幌市

2017年9月13日19:35
 9月12日、クマが目撃された札幌市南区の「滝野すずらん丘陵公園」で、監視カメラにクマの姿が写っていました。

 園内の安全が確認されるまでの間、公園は閉鎖。さまざまな、影響が出ています。

 体長約1メートルのクマが目撃されたのは、9月12日、午前8時30分ごろ。

 スタッフが、開園の準備をしている時でした。

 記者:「巡回していたスタッフは、側溝で水を飲んでいるクマとみられる姿を発見しました。クマは車の音に驚き、沢に逃げたということです」

 クマが目撃された場所の近くには、足跡らしきものも残されていました。

 さらに9月11日午後には、公園の外側を歩く、クマの姿を監視カメラが捉えていました。

 体長約1メートル、2歳くらいの子グマとみられています。

 公園の外周には、クマの侵入を防ぐために、高さ3メートルの柵が設置されていますが、そこにもクマの痕跡が…。

 記者:「クマが掘ったとみられる穴が見つかり、侵入しないよう、杭などで対策がされています」

 柵の下の隙間は、約27センチありますが、クマはそこをさらに掘り下げているようです。

 周辺の柵には、クマの体毛がついているのが、見つかりました。

 こちらの公園では、4年前にも柵と柵の間から、クマが侵入しており、隙間を金網でふさぐ対策がとられました。

 今回、柵の下を掘ったとみられることについて、専門家は…。

 北海道総研環境科学研究センター 間野勉さん:「(クマは)狭いところにもぐりこんだり、すり抜けたりすることに関しては、柔軟な体の構造をしている。同じような隙間があるならば、極力なくす対策をしないと、同じようなやり方で侵入してくる」

 公園は、安全が確認されるまでの間は閉鎖。

 クマが出入りしたとみられる場所に、監視カメラを増やし、警戒にあたっています。

 滝野すずらん丘陵公園 平井篤夫 所長:「環境が整えば、速やかに開園にこぎつけたいと考えている」

 秋が訪れた公園は、今、コスモスの花が見頃。

 様々なイベントが予定されていますが、開催期間の検討や中止など、様々な影響が出ています。

直近のニュース