みんなのドラマ見て得キャンペーン

北海道石狩市で記録的大雨 372世帯に避難指示 5か所で土砂崩れ発生 浜益区は"孤立状態"

2017年9月14日18:50
 北海道は低気圧の影響で局地的に激しい雨が降っていて、9月14日、石狩市の浜益区では、国道で土砂崩れが発生し、372世帯の住民に避難指示が出されています。

 石狩市浜益区では14日朝から激しい雨が降っていて、浜益区では、13日夜からの雨量が150ミリを超え、過去2番目の大雨となっています。

 また、14日午後6時15分現在、国道231号線付近など、5か所で土砂崩れが発生しています。

 このため、石狩市は午後5時すぎ、浜益区の千代志別地区幌地区、床丹地区など372世帯582人に対し、避難指示を出しました。

 また、土砂崩れで車1台が土砂に巻き込まれましたが、車が救出されました。けが人はいないということです。

 石狩市は、石狩コミュニティセンターきらりと、幌会館など3か所に避難所を設置対応しています。

 新しい情報です。

 避難指示が出ている石狩市浜益区の372世帯は、14日午後6時30分現在、孤立状態だということです。

 浜益区の372世帯は土砂崩れなどの影響で孤立状態となっていて、滝川道路事務所が15日朝から復旧作業を始めるということです。

 また浜益小中学校のスクールバスも孤立地区から出られていません。

 午後6時30分現在、この地区では、3ヶ所の避難所に7人の小中学生計40人が避難しているということです。

 土砂災害の危険が非常に高まっているため山や崖からは離れて下さい。

直近のニュース