みんなのドラマ見て得キャンペーン
花の名 撮影の現場はとても静かだった。指示もほとんどださず、無理に笑ってもらうこともしなかった。 悲しい時でも笑顔をふりまくのがアイドルの生業なのかもしれないが、 僕はアイドルとしての“橋本奈々未”ではなく、一人の女性として彼女の姿を撮りたかった。 言葉で引きだす表情は、いっけん被写体との距離が縮まったかのように錯覚するが、 実際には幾つもの見えない壁をつくってしまう。 表層的な仕草や表情もまた、心の奥深くに刻まれることはない。 北海道の大地に流れる静かな時間は、東京で生きてゆくために互いが身につけた業を、 優しくほどいてくれたような気がする。 演じるのではなくただそこに彼女が存在している。 その姿は月あかりに照らされた一輪の花のように美しかった。 岡田敦
公式サイト

写真家 岡田敦 1979年北海道生まれ、東京在住。大阪芸術大学芸術学部写真学科卒業、東京工芸大学大学院芸術学研究科博士後期課程にて博士号取得(芸術学)。在学中から新進気鋭の写真家として頭角を現し、富士フォトサロン新人賞などを受賞。2008年には“写真界の芥川賞”といわれる木村伊兵衛写真賞を受賞。2014年には史上最年少で北海道文化奨励賞を受賞した。近年は、北海道根室沖にあるユルリ島(無人島)に生息する野生馬の撮影を続ける一方で、映画「ノルウェイの森」(原作:村上春樹)の公式ガイドブックの撮影を手掛けるなど、ジャンルを問わず、話題性のある作品を発表し続けている。主な写真集には『I am』『世界』『MOTHER』などがあり、海外からも高い注目を集めている。

「恋する文学」×写真家・岡田敦 Special Photo Galleryが実現!