タカアンドトシの北海道十勝横断 今夜、宿ナシ二人旅
第61回
7月3日(日)放送
ゲスト
納谷 孝氏エースラゲージ株式会社赤平工場 専務取締役

国内で唯一スーツケースを製造しているバッグの総合メーカーエースラゲージの赤平市にある工場。
操業開始から今年で45周年。
最先端の技術と職人の技で信頼される高い品質のメイドイン北海道のスーツケースをつくり続ける開拓者の夢とは?

第60回
6月26日(日)放送
ゲスト
土居 功氏地域情報誌「JP01」 編集長

道内各地の食文化やユニークな行事など地元の人しか知らない地域の情報を発掘し、カラー写真を多用した贅沢な紙面づくりと独自の切り口で日本一のフリーペーパーとなった「JP01」の編集長が登場。
フリーペーパーを活用した新たな地方創生のカタチに迫ります。

第59回
6月19日(日)放送
ゲスト
藤井 幸大氏サンマルコ食品株式会社 マーケティング本部長

ジャガイモの生産量日本一ながらコロッケの消費量は全国で最低レベルの北海道。
こうした状況を変えようと自らコロッケ王子と名乗り、コロッケの復権に挑む開拓者が登場。
デパ地下で昼時、行列が出来るこだわりのコロッケを開発、「安かろう、まずかろう」というイメージを払しょくするため奔走するコロッケ王子の思いに迫る。

第58回
6月12日(日)放送
ゲスト
丸谷 智保氏株式会社セコマ 代表取締役社長

道内で最大の店舗数を誇るセイコーマート。今年4月、会社名を「セコマ」に変更し、新たな挑戦を始めています。
その狙いは従来のコンビニの枠を超えて北海道から新たな流通業のカタチを開拓すること。
全国的にも注目を集める独自の事業戦略の狙いに迫ります。

第57回
6月5日(日)放送
ゲスト
斉藤 賢一氏光源舎オートプロダクツ 取締役社長

犬や猫、機関車などかわいらしいデコレーションを施した幼稚園や保育所の通園バスを製造販売している北広島市の小さな会社が快走を続けています。
これまで製造販売した通園バスは約1500台。
幼児専用車の製造メーカーという新たな分野を開拓し、子供たちがわくわくドキドキするメイドイン北海道の車を全国各地に届けるマチ工場の挑戦に迫ります。
(5月29日放送予定でしたが、都合により6月5日の放送となります。)

第56回
5月22日(日)放送
ゲスト
神保 利行氏登別伊達時代村

テーマパークブームから一転、長引く不況で来場者が激減し、崖っぷちに追い込まれた登別市の伊達時代村が今、再び注目を集めています。
転機となったのが役者のリーダーが社長に就任し、海外からの観光客をターゲットに生まれ変わった事。
その復活劇を支え続けた看板スターが忍者姿で登場、再ブレイクの秘密に迫ります。

第55回
5月15日(日)放送
ゲスト
阿部 雅司氏名寄市特別参与 スポーツ振興アドバイザー

リレハンメル五輪のノルディック複合団体で金メダルを獲得した阿部雅司さんが4月、名寄市の職員に転職。
阿部さんに課せられた仕事は、これまでオリンピック選手がいなかった強豪選手不毛の地・名寄市で未来のオリンピアンを育て、マチをスポーツの一大エリアにすること。
金メダリストが挑む新たな地域おこしの挑戦に迫ります。

第54回
5月8日(日)放送
ゲスト
富山 浩樹氏サッポロドラッグストアー 代表取締役

札幌で培ったノウハウを活かして沖縄に進出するなど、突出したインバンド戦略と道民の生活に密着した独自の品ぞろえで急成長を続けるサッポロドラッグストアー。
これまでのイメージを覆す新たなドラッグストアの形を開拓する、39歳の若きリーダーの戦略に迫ります。

第53回
5月1日(日)放送
ゲスト
金野 仁氏カネジン食品株式会社 代表取締役

札幌に本社がある製麺会社が東京やタイ、シンガポールに進出し、注目を集めています。
作れる麺は1000種類以上、太さ・食感・素材など店側のニーズに徹底的に応える麺作りで世界のトップをひた走る製麺業界の開拓者に迫ります。

第52回
4月24日(日)放送
ゲスト
野々村 芳和氏株式会社コンサドーレ 代表取締役

北海道初のプロサッカーチーム、コンサドーレ札幌が誕生してから今年で20年。
チーム名に北海道を入れるなど今、チームが大きく変わろうとしています。
その中心にいるのが元コンサキャプテンで、現在は運営会社社長の野々村芳和さん。
売上高100億円という夢のビッククラブを本気で目指すという野々村さんの戦略に迫ります。

第51回
4月17日(日)放送
ゲスト
堀 安規良氏株式会社北菓楼 代表取締役社長

砂川市に本社がある菓子メーカー「北菓楼」が札幌の中心部に路面店を出店し、注目を集めています。
そのワケは道民に長年、親しまれてきた「旧道立文書館別館」を活用し、現代的な趣と耐震性を兼ね備えた店舗に蘇らせたこと。
この店を多くの人が交流する場にしたいという北菓楼社長の堀安規良さん。
歴史的建造物を生かした新たな札幌のまちづくりへの思いに迫ります。

第50回
4月10日(日)放送
ゲスト
石澤 佳子氏うたごえ便よりみち 代表

アコーディオンを伴奏 に客がリクエストした曲を客全員で歌う「歌声喫茶」。
シニア世代にとっては青春の思い出とも言えるこの歌声喫茶を出前形式で再現したイベントが今、札幌で注目を集めています。
かつて一大ブームとなった「歌声喫茶」を蘇らせ誰もが若き日に戻ることが青春タイムマシンに進化させた開拓者の思いに迫ります。

第49回
4月3日(日)放送
ゲスト
前野 宏氏ホームケアクリニック札幌 理事長

3人に1人ががんで亡くなる時代。
「自分らしく、自宅で最期を迎えたい」と考える末期がん患者らのために奔走する在宅緩和ケアの開拓者が登場。
24時間、患者とその家族に寄り添い、看取りまで向き合い続ける在宅緩和ケアに取り組む開拓者の思いに迫る。

第48回
3月27日(日)放送
ゲスト
出合 祐太氏ブルキナファソ野球を応援する会 代表

日本でプロ野球選手になりたいというアフリカ少年の夢を叶えた開拓者が登場。
8年前、西アフリカのブルキナファソに渡り、様々な壁にぶつかりながらも現地の少年たちに野球を教えた富良野市の出合祐太さん。
その時の少年のひとりが去年、独立プロリーグの選手となった。
野球を通してアフリカンドリームを実現させようと奮闘する出合さんの挑戦に迫る。

第47回
3月20日(日)放送
ゲスト
西田 治氏株式会社テンフードサービス 代表取締役 

庶民の味として札幌市民のソウルフードとなっているギョーザとカレーの店「みよしの」。
長年に渡って多くの人に愛されている訳は変わらない「味」と「安さ」。
伝統を引き継ぎながら、意外とも言える新たな挑戦を始めた三代目社長の戦略に迫ります。

第46回
3月13日(日)放送
ゲスト
王 一郎氏ラッキーピエロ 代表取締役

3月26日に開業する北海道新幹線の新函館北斗駅から2週連続でお伝えするシリーズの第二弾。北海道新幹線の開業で函館を訪れる人が増える事を見据え、去年4月、海外からも含め観光客と地元の人たちが交流できる新たな店をオープンさせた函館のハンバーガーチェーンの創業者が登場。地元へのこだわりと個性的な店づくりで多くの人に愛される人気の秘密に迫ります。

第45回
3月6日(日)放送
ゲスト
太田 真美氏函館みかど マネージャー

3月26日に開業する北海道新幹線の新函館北斗駅から2週連続でお伝えするシリーズの第一弾。JR函館駅で長年に渡って駅弁を販売する老舗企業の凄腕女性マネージャーが登場。
「北海道の食の魅力を伝えたい…」。これまで100種類以上の駅弁を開発してきた彼女が北海道新幹線開業に合わせて作った駅弁に込めた思いに迫ります。

第44回
2月28日(日)放送
ゲスト
浦田 隆氏山口油屋福太郎小清水工場 工場長

道東の小清水町産のジャガイモで作ったでんぷん粉をベースにホタテやチーズなど地元の素材を練り込んだ揚げせんべいが今、注目を集めています。販売しているのは福岡の食品製造会社で閉校した小清水町の小学校を工場として利用し、生産しています。
なぜ、福岡からはるか遠い小清水町までやってきたのか?
お菓子による新たな町おこしの開拓者の挑戦に迫ります。

第43回
2月21日(日)放送
ゲスト
舘石 吉貴氏ミルキークラウン乳業 会長

牛乳の生産から加工・販売まで酪農家が一手に行う新感覚ミルクスイーツが今、注目を集めています。
取り組んでいるのは道東の標茶町の酪農家の夫婦で2012年に起業しました。酪農の6次産業化とも言えるこの挑戦、TPPに負けない新世代農業の開拓者を直撃します。

第42回
2月14日(日)放送
ゲスト
登 豊茂男氏ファシオネ 代表取締役

道内の企業が力を合わせて開発した寒冷地仕様の小型電気自動車(EV)が今年の札幌モーターショーで注目を集めた。
その小型電気自動車の開発チームのリーダーを務めた工業デザイナーが登場。
北海道の生活に根付いた技術を使って寒冷地に適した小型EVを開発したのにはどんな狙いがあるのか?
北海道でのモノづくりの未来に迫ります。

第41回
2月7日(日)放送
ゲスト
柄澤 秀昌氏マテック 常務取締役

365日24時間、資源ごみなどを受け付ける無人の施設じゅんかんコンビニ24。帯広に本社がある総合リサイクル企業マテックが4年前から始めたこのシステムが今、注目を集めている。
資源ごみを持ち込んでもらうことで回収にかかるコストを削減し、ポイントを還元する逆転の発想で、リサイクルの新たな可能性を切り開く開拓者の挑戦に迫る。

第40回
1月31日(日)放送
ゲスト
池田 光司氏池田食品 代表取締役

札幌・白石区にある老舗豆菓子メーカー池田食品が今、注目を集めている。
ミルク味のする素朴なお菓子を去年7月から中国に本格的に輸出。
さらに道内の農家と提携し、道産の小麦などを使った新しいかりんとうを開発し、人気を集めている。
お菓子を通して道産食材を世界に売り込む開拓者の挑戦に迫る。

第39回
1月24日(日)放送
ゲスト
中井 令氏絵本作家・イラストレーター

札幌を舞台に時計台などの観光名所が登場する絵本が今、人気を呼んでいます。
タイトルは「おばけのマール」。
出版不況と言われる中でも売り上げを伸ばしていると言われる絵本。子供だけでなく大人も魅了する北海道生まれの絵本の奥深い世界に迫ります。

第38回
1月17日(日)放送
ゲスト
田中 孝之氏北海道大学大学院情報科学研究科 准教授

重い野菜などを運ぶため腰痛に悩んでいた農家の女性たちを助けようと体への負担を軽くするスマートスーツを開発した北大の研究者が登場。
スマートスーツとはロボット技術を元にモーターなどは使わずゴムの張力を利用して体をサポートしてくれるもので、介護の現場などでも活用されています。高齢化が進む中、注目を集める北大生まれの新技術に迫ります。

第37回
1月10日(日)放送
ゲスト
折茂 武彦氏レバンガ北海道 選手兼代表

今年、開幕するプロバスケットの新リーグ「Bリーグ」のトップ1部への参入が決まり注目を集めるレバンガ北海道。
一時、存続の危機に立たされたチームを救ったのが選手と社長の2足のわらじをはく日本バスケット界のレジェンド折茂武彦さん。
北海道からプロバスケットボールの新たな歴史を切り開く開拓者の挑戦に迫ります。

第36回
12月27日(日)放送
ゲスト
TAKURO氏GLAY・ギタリスト

来年3月26日に開業する北海道新幹線のイメージソングを作詞作曲したGLAYのギタリストでリーダーのTAKUROさんが登場。
ふるさと函館に新幹線が来る時は絶対に関わりたいと思っていたというTAKUROさん。
音楽のチカラでふるさとを活性化しようとGLAYのメンバーとともに取り組んできたTAKUROさんの函館への思いに迫ります。

第35回
12月20日(日)放送
ゲスト
池崎 大輔氏ウィルチェアラグビー日本代表

来年のリオパラリンピック出場を決めた車いすのラグビー、ウィルチェアラグビー日本代表のエースが登場。
ラグビー旋風が巻き起こる中、専用のバンパーなどを装備した車いすが激しくぶつかり合うウィルチェアラグビーの注目度もアップ、リオパラリンピックではメダルが期待されています。
パラスポーツの未来を北海道から切り開いて行こうと挑戦を続ける開拓者の思いに迫ります。

第34回
12月13日(日)放送
ゲスト
勝山 良美氏株式会社 YOSHIMI 代表取締役

料理人としてレストランなどの飲食店を全国各地で経営する傍ら、1000億円市場とも言われる北海道のお土産市場に参入。
58歳の時に発売したお土産用の菓子が大ヒット。
その後も次々と人気のお土産用の菓子をプロデュースし、注目を集めています。
絶妙なネーミングや価格設定などお土産業界に一大旋風を巻き起こした開拓者に迫ります。

第33回
12月6日(日)放送
ゲスト
小森 英男氏株式会社 小森スキー製作所 代表取締役

従業員わずか6人の札幌の小さな工場で生み出されるメイドイン北海道のスキーが今、注目を集めています。
注文を受けてから職人がひとつひとつ手作りするオーダーメイドのスキーや海外からの観光客も楽しめそうな初心者でもすぐに滑ることが出来る驚きのスキーを開発する北の匠の挑戦に迫ります。

第32回
11月29日(日)放送
ゲスト
加藤 孝夫氏株式会社 豊月 取締役副社長

札幌や苫小牧を中心に店舗展開している食品専門のスーパーが今、注目を集めています。このスーパーが掲げるのは商品の品質だけではなく店員のサービスの質にもこだわった買い物を楽しむことが出来る「高質スーパー」。総合スーパーが冬の時代を迎えていると言われている中、成長を続ける地域スーパーの仕掛け人を直撃します。

第31回
11月22日(日)放送
ゲスト
堀口哲行氏一般社団法人新文化経済振興機構 理事長

少子化と人口減少に悩む道内の各自治体。まちの活性化に向けて今、注目を集めているのがコスプレ。苫小牧市では年に一度、一大イベントが開かれ、全国各地からコスプレーヤーが集まってくる。
舞台となるのは製紙工場やウトナイ湖、フェリーの船内など。
コスプレーヤーの姿とともに苫小牧ならでは風景がツイッターやフェイスブックなどのSNS、ブログを通して全世界に発信されていく。このイベントを仕掛けた新感覚・町おこしの開拓者をゲストに迎えコスプレによる地方創生の可能性に迫ります。

第30回
11月15日(日)放送
ゲスト
落 希一郎氏株式会社オチガビワイナリー 専務取締役

日本のワイン業界に反旗を翻し、誰一人見向きもしなかった新潟の砂丘地を開墾して超人気ワイナリーを作り上げた異端児が余市町に移り住み新たに始めたワイナリーが今、話題となっている。
丘陵地に広がる美しいぶどう畑、その風景を眺めながら地元産の食材を使った料理とワインを楽しめるレストラン。今後は宿泊施設や温泉なども作る計画で、余市町を都会から人を呼び込むことが出来る滞在型ワイナリーの集積地にしようと挑戦を続ける開拓者の思いに迫る。

第29回
11月8日(日)放送
ゲスト
今井 浩恵氏株式会社ローレル 代表取締役

経営危機だった会社の社長を26歳の若さで引き受け道内を代表するスキンケアブランドに成長させた凄腕女性社長が登場。
砂川を拠点に道産を中心とした自然素材を使ったスキンケア商品を全国に発信。来年にはコスメブランドの先進地・ロンドンにも進出する若き開拓者のヒットの法則に迫る。

第28回
11月1日(日)放送
ゲスト
浅田 一憲氏独立研究者

国内に300万人いるとみられる色弱の人が見分けにくい色を見分けやすい色に変換するスマートフォンなどで使えるアプリケーションソフトを開発した異色の研究者が登場。
40代でIT企業の社長を引退し、企業などには属さず札幌を拠点に独自で研究を続け、人にやさしいアプリを開発し続ける、ユニバーサルデザインの開拓者の思いに迫る。

第27回
10月25日(日)放送
ゲスト
村本 隆雄氏メモリアルむらもと 代表取締役

道内初の家族葬専用の葬儀会場をオープンさせるなど時代に合った新たな葬儀のかたちを提案する若きリーダーが登場。
結婚式場のようなおしゃれな会場に通夜のふるまい料理はビュッフェ、これまでの常識を覆す会場で営まれるお葬式。故人や遺族の思いを尊重して進化する今どきの葬儀の開拓者に迫る。

第26回
10月18日(日)放送
ゲスト
稲葉 篤紀氏北海道日本ハムファイターズ スポーツ・コミュニティ・オフィサー(SCO)

北海道にプロスポーツ文化を根付かせたファイターズの新たな挑戦についてスポーツ・コミュニティ・オフィサーに就任した稲葉篤紀さんが熱く語る第二弾。
少子化などで少年野球チームが急速に減少し、子供たちの体力も全国最低レベルとなっている北海道。この危機的な状況を乗り越え北海道をスポーツ王国にするために稲葉さんが考えている秘策とは?

第25回
10月11日(日)放送
ゲスト
稲葉 篤紀氏北海道日本ハムファイターズ スポーツ・コミュニティ・オフィサー(SCO)

今年7月、スポーツを通して北海道に貢献する活動を進めていく事を明らかにした北海道日本ハムファイターズ。
その中心となるのが勝負強い打撃と真摯なプレースタイルで多くのファンを魅了した稲葉篤紀さん。
現役引退後、今年、就任したのが北海道日本ハムファイターズのスポーツ・コミュニティ・オフィサー。
北海道にプロスポーツ文化を根付かせたファイターズの新たな挑戦について稲葉さんが熱く語る第一弾。

第24回
10月4日(日)放送
ゲスト
鈴井 亜由美氏株式会社クリエイティブオフィスキュー代表取締役/株式会社Link & Loop代表取締役

北海道が生んだ大スター大泉洋さんが「お母さん」と呼ぶ札幌のプロダクション・クリエイティブオフィスキュー社長の鈴井亜由美さんに迫る第二弾。映画の企画や人気のパン屋さんをプロデュースするなどマルチな才能を発揮する彼女が今、取り組んでいる北海道の“農”が見えるコンテンツづくり。
北海道から新たな食文化を生み出そうと挑戦を続ける鈴井社長の思いに迫ります。

第23回
9月27日(日)放送
ゲスト
鈴井 亜由美氏株式会社クリエイティブオフィスキュー代表取締役/株式会社Link & Loop代表取締役

大泉洋さんら全国区の人気を誇るチームナックスが所属する札幌のプロダクション・クリエイティブオフィスキューを率いる鈴井亜由美さんに迫る第一弾。夫の貴之さんとともに北海道で新たな才能を次々と発掘してきた鈴井さん。
北海道を舞台にした映画の企画や人気のパン屋さんをプロデュースするなどマルチな才能を発揮する彼女が始めた新たな挑戦を二週に渡りお送りします。

第22回
9月20日(日)放送
ゲスト
大平 まゆみ氏札幌交響楽団 コンサートマスター

指揮者と演奏家たちのパイプ役とも言えるコンサートマスターを務めるヴァイオリニストの大平まゆみさん。敷居が高いイメージがあるクラシック音楽を身近な存在に変えた開拓者でもある。
自ら車のハンドルを握って道内各地を訪れ、コンサートに来ることが出来ない人たちのために演奏を続ける大平さん。彼女が信じる音楽の力とは?

第21回
9月13日(日)放送
ゲスト
藤本 欣也氏株式会社 特殊衣料 常務取締役 商品企画部長

「重度の脳障害の娘のために軽くて洗える帽子を作って欲しい」28年前にかかってきた1本の電話をきっかけに始まった頭を守るための帽子づくり。その保護帽が進化し、愛用する人が日本中に広がっている。オシャレで機能的な驚きの帽子を生み出した開発者の思いに迫る。

第20回
9月6日(日)放送
ゲスト
永谷 久也氏合同会社 工房アルティスタ 代表社員

空前のゆるキャラブームが続く中、北海道ならではのキャラクターを生み出し注目を集める札幌の工房。全国区の人気となっているのがジンギスカンのジンくん。本州からファンがやって来るほどの人気ぶり。北海道から新たなゆるキャラ文化を生み出す開拓者の狙いに迫る。

第19回
8月30日(日)放送
ゲスト
作田 徹氏作.AC北海道 代表

企画したランニング講習会は申し込み殺到ですぐに定員に!
マラソンを走ることの楽しさや走るための技術を伝える市民ランナー界の開拓者が登場。空前のランニングブームが続く中、マラソン大会を町おこしにつなげようと取り組む自治体もバックアップしている。
走ることを通したランニング王国・北海道の可能性に迫る。

第18回
8月23日(日)放送
ゲスト
清野 光氏GANON FLORIST 代表

頭に花を活けて写真を撮るHANANINNGEN(ハナニンゲン)がフェイスブックなどで大きな話題となり、海外からも注目されている札幌の生花店「GANON FLORIST」。これまでに3000人以上がハナニンゲンに変身したという。なぜ、これほど多くの人がハナニンゲンに惹きつけられるのか?札幌で誕生した新たな花の文化の発信者の思いに迫る。

第17回
8月16日(日)放送
ゲスト
いだ ふみこ氏いただきますカンパニー 代表取締役

観光農園ではなく、十勝地方の本当の畑に行って農業を体験するツアーが今、人気を集めている。旬の野菜を収穫し、その場で味わう事も出来るツアーを仕掛けるのは2人の子を持つ女性社長。十勝の畑と食卓をつなごうと奮闘するママさん開拓者が描く十勝の農業の新たな未来とは!

第16回
8月9日(日)放送
ゲスト
梶原 一生氏株式会社 丸勝 専務取締役

花と食と農のテーマパークとして今、注目を集めている十勝の幕別町にある十勝ヒルズ。荒れ果てたガーデンを年間5万人が訪れる人気施設に蘇らせた若き開拓者を直撃。十勝で進む新たな食と農業への挑戦とは?

第15回
8月2日(日)放送
ゲスト
白土 博樹氏北海道大学大学院 医学研究科教授

札幌を世界で最も進んだ放射線治療の街にしようと取り組む新世代がん治療の開拓者が登場。
不可能と言われた動くがんを狙い撃つ治療法とは?そして陽子線を使った最先端の医療現場にも潜入リポート。

第14回
7月19日(日)放送
ゲスト
森 まゆみ氏パンコーディネーター

行列が出来るほど人気の「パンフェス」の仕掛人、今、注目のパンコーディネーターを直撃。
新たなパンの楽しみ方を提案するパンコーディネーターの仕事とは?
ちょっとした工夫でパンをよりおいしく食べる事が出来る裏技も大公開。

第13回
7月12日(日)放送
ゲスト
中村 宏之氏北海道ハイテクアスリートクラブ 代表

雪が積もる北海道で一流の陸上短距離選手を育てるのは難しいという定説を覆した開拓者が登場。
福島千里選手をどう育てたのか?子育てや会社での部下との接し方の参考にもなる中村流育成術を大公開。

第12回
7月5日(日)放送
ゲスト
田中 伸一良氏株式会社 和光 代表取締役社長

今、札幌で注目を集めているジーンズと同じデニム素材で作った着物。ファッショナブルで着るのも簡単。
高価で特別なものという着物のイメージを変えようと挑戦を続ける新世代着物文化の開拓者に迫る。

第11回
6月21日(日)放送
ゲスト
加藤 智久氏星野リゾートトマム 総支配人

北海道の夏の観光の新たな可能性を開拓した星野リゾートトマムの雲海テラス。
10周年の今年は女性をターゲットにさらに進化。
その魅力を体験リポート。37歳の若き総支配人が打ち出した新たな戦略に迫る。

第10回
6月14日(日)放送
ゲスト
齋藤 貴之氏株式会社フィルド 代表取締役

国内最大級のゲストハウスを札幌にオープンさせた仕掛け人が登場。ホテルと違い宿泊者同士が交流できるスペースがあるゲストハウス。
そこで生まれるコミュニケーションを武器に新たな滞在のスタイルを開拓しようという挑戦に迫る。

第9回
5月31日(日)放送
ゲスト
藤田 哲也氏株式会社カンディハウス 代表取締役社長

長く使える上質の家具を北海道から世界へ。
旭川を拠点にデザイン家具の未来を切り開く開拓者が登場。
道産材を使ったこだわりの家具が生み出されるものづくりの現場にも潜入。

第8回
5月24日(日)放送
ゲスト
武居 秀幸氏ハミューレ株式会社 代表取締役社長

利用客の多くが男性だった作業用専門店のイメージを変え、女性にも魅力的な店にした業界の風雲児を直撃。
商品開発の秘密を大公開!?キャッチコピーがユニークなあの折り込みチラシの制作現場にも潜入します。

第7回
5月17日(日)放送
ゲスト
山田 いずみ氏全日本女子スキージャンプコーチ

ソチ五輪で正式種目となった女子ジャンプ。全ては彼女から始まりました。道なき道を切り開いてきた女子ジャンプのパイオニア山田いずみさん。
今は髙梨沙羅選手を支えるコーチとしても注目を集めています。引退後も輝き続ける女子ジャンプの開拓者に迫ります。

第6回
5月10日(日)放送
ゲスト
小林 精志氏小林酒造 専務取締役

創業137年の栗山町の老舗酒造会社「小林酒造」地元栗山町など道産米にこだわった酒をつくり注目を集めています。
型破りとまで言われる革新的取り組みで自分が納得できる地酒づくりにかける新世代の日本酒仕掛け人に迫ります。

第5回
5月3日(日)放送
ゲスト
小金澤 健司氏クール北海道株式会社 代表取締役社長

根室のサンマなどが今、海を越えて次々とベトナムに渡っています。
さらに新たな動きも。現地からの緊急リポートを交えながら北海道ならではの食を売り込む水先案内人に迫ります。

第4回
4月26日(日)放送
ゲスト
後藤 栄二郎氏丸美珈琲店 店主

1世帯当たりの年間のコーヒー消費量が全国第3位の北海道。コーヒー好きが多い北の大地で今、新たな動きが…。
バリスタが客の目の前で1杯1杯ていねいにいれるサードウェーブコーヒーと呼ばれる新たなスタイルをいち早く取り入れ札幌のコーヒー文化に新たな風を吹き込む開拓者の夢とは。

第3回
4月19日(日)放送
ゲスト
畠中 仁氏らーめん山頭火 創業者

旭川で誕生した人気ラーメンチェーン「らーめん山頭火」が今、海外に次々と進出。
海外の店舗数は国内の店舗より多い30店。水や気候などが違う海外でどう北海道と同じ味を実現しているのか?それを支える研究所のようなラーメン店に潜入!
ラーメンの新たな可能性を切り開いた開拓者に迫ります。

第2回
4月12日(日)放送
ゲスト
岡田 秀敏氏株式会社 ミツウマ総務課長

小樽の老舗ゴム製品製造メーカーミツウマのゴム長靴が今、女性たちの注目を集めている。その仕掛け人が今回のゲスト。
作業用に作られた古くから親しまれている長靴に新たな価値を吹き込みファッションアイテムに変えた北の開拓者・岡田秀敏氏。
どのようにして女性の心をつかんだのか、その秘密を明かします。

第1回
4月5日(日)放送
ゲスト
伊藤 博之氏クリプトン・フューチャー・メディア株式会社 代表取締役

北海道発のキャラクターとして、国内にとどまらず、世界的にも知られる存在となった「初音ミク」。その生みの親・伊藤博之氏がゲスト。
「初音ミク」はなぜこれほどまで人気になったのか、そして北海道にこだわり続ける理由とは?独自の発想でITの新たな可能性を切り開いた北の開拓者・伊藤氏が「初音ミク」の全てを語ります。