めざましじゃんけんWキャンペーン

イベント・試写会

作品名をクリックして下さい

不能犯「嘘を愛する女」

[ WEBからの応募 ]

「試写会に応募する」ボタンをクリックしフォームからお申し込み下さい。

[ ハガキの場合 ]

〒060-8527(住所不要) UHB「○○(映画タイトル)」試写会係 住所、氏名、電話番号、年齢、職業(学年)、性別を明記の上、 ご郵送下さい。
※応募者多数の場合は、抽選の上、招待状の発送をもって発表にかえさせていただきます。
不能犯 不能犯 試写会に応募する
UHB映画試写会

不能犯

開催日時 【日時】 1月24日(水)
      開場18:00(予定) 開映18:30
会場情報 【会場】 札幌プラザ2・5
      札幌市中央区南2条西5丁目
      狸小路5丁目 HUGマート2F
募集要項 【募集】 抽選で330名様ご招待
【募集期間】 1月11日(木)~1月16日(火)
概要 不能犯とは―
〈思い込み〉や〈マインドコントロール〉で殺すなど、目的は犯罪だが、常識的に考えて実現が不可能な行為。そのため、たとえ相手が死んでも罪には問われない。

松坂桃李が魅惑的なダークヒーローに扮するスリラー・エンターテインメント。原作・宮月新、作画・神崎裕也の大人気コミックを基に、不気味な能力で人の心を操り、誰も立証できない犯罪を犯す“不能犯”こと宇相吹正の姿を描く。

【ストーリー】
都会で次々と起きる変死事件。不可解な状況で、唯一の共通点は事件現場で必ず目撃される黒スーツの男。その名は宇相吹正(松坂桃李)。彼は依頼を受け、事故や自殺に見せかけてターゲットを殺害する。宇相吹の犯行は全て“不能犯”。刑事の多田(沢尻エリカ)や部下の百々瀬(新田真剣佑)は捜査を進め、ようやく宇相吹の身柄を確保し、取調べを始めるが、次第に上司の夜目(矢田亜希 子)の様子がおかしくなり、最終的に宇相吹は解放される。
彼の正体とは一体―。そして、真の目的とは―。

【キャスト】
松坂桃李、沢尻エリカ、新田真剣佑、間宮祥太朗、テット・ワダ、菅谷哲也、岡崎紗絵、真野恵里菜、忍成修吾、水上剣星、水上京香、今野浩喜、堀田茜、芦名星、矢田亜希子、安田顕、小林稔侍

【監督】 白石晃士

【原作】 宮月新

【原作(作画)】 神崎裕也

【脚本】 山岡潤平

【公開情報】 2018年2月1日(木)
札幌シネマフロンティア、ユナイテッド・シネマ札幌他全道公開
映倫による映画の区分 G:制限はありません(どなたでもご覧になれます)
HP http://funohan.jp/introduction.html
「嘘を愛する女」 「嘘を愛する女」 応募締め切り
UHB映画試写会

「嘘を愛する女」

開催日時 【日時】 1月16日(火)
開場18:00 開映18:30(予定)
会場情報 【会場】 共済ホール
      札幌市中央区北4条西1丁目
募集要項 【募集】 抽選で600名様をご招待
      募集期間
      12月21日(木)~1月4日(木)
概要 2018年、あなたの「愛」の概念が覆る

知り尽くしていたはずの愛する人の素性が全て嘘だったら……。
その愛は本物か、愛とは何かを問う新感覚ラブストーリーが、いま誕生する。

【ストーリー】
食品メーカーに勤めるキャリアウーマン・川原由加利(長澤まさみ)は、研究医で面倒見の良い恋人・小出桔平(高橋一生)と同棲5年目を迎えていた。
そんなある日、由加利が自宅で桔平の帰りを待っていると、突然警察官が訪ねてくる。くも膜下出血で倒れ意識を失ったところを発見された桔平。なんと、彼の所持していた運転免許証、医師免許証は、偽造されたもので、職業も名前も「嘘」という事実が判明したのだった。
騙され続けていたことへのショックと、「彼が何者なのか」という疑問をぬぐえない由加利は、私立探偵・海原匠(吉田鋼太郎)と助手のキム(DAIGO)を頼ることに。
調査中、桔平のことを“先生”と呼ぶ謎の女子大生・心葉(川栄李奈)が現れ、桔平と過ごした時間、そして自分の生活にさえ疑心暗鬼になる由加利―。
やがて、桔平が書き溜めていた700ページにも及ぶ書きかけの小説が見つかる。そこには誰かの故郷を思わせるいくつかのヒントと、幸せな家族の姿が書かれていたのだった。海原の力を借りて、それが瀬戸内海のどこかであることを知った由加利は、桔平の秘密を追う事に……。
なぜ桔平は全てを偽り、由加利を騙さなければならなかったのか?
そして、彼女はいまだ病院で眠り続ける「名もなき男」の正体に、辿り着くことができるのか―

【キャスト】
長澤まさみ 高橋一生
DAIGO 川栄李奈 黒木瞳
吉田鋼太郎

【監督】中江和仁

【脚本】中江和仁 近藤希実

【音楽】富貴晴美

【公開情報】2018年1月20日
全国東宝系にてロードショー
映倫による映画の区分 G:制限はありません(どなたでもご覧になれます)
HP http://usoai.jp/