みんなのテレビ

年の瀬前に…厚真町 仮設住宅68軒完成 引き渡し「居場所できる」 避難所は12月閉鎖へ  北海道

2018年11月30日18:00
 年の瀬を前に、ようやく安心できそうです。北海道厚真町で仮設住宅、68軒が完成し、入居者に鍵が手渡されました。

 完成したのは、厚真町の本郷地区や上厚真地区などの68軒の仮設住宅です。

 厚真町では地震の影響で住宅など建物に大きな被害が出ていて、第一期の仮設住宅はすでに入居が始まっていますが、30日までに第2期工事が終わり、カギの引き渡しが始まりました。

 厚真町では今も36人が避難生活を余儀なくされていて、役場には早速、待ちわびた被災者が訪れ、鍵を受け取っていました。

 カギを受け取りに来た人:「(これからは)少し落ち着いて、居場所ができるから、(よかったですね)はい」「(仮設住宅は)狭いから窮屈だべ」

 引っ越しは12月9日ごろまでに終わる見込みで、厚真町では来月中に避難所を閉鎖する予定です。

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • 特派員ロシア見聞録
  • がんを防ごう
  • FNN.jpプライムオンライン