みんなのテレビ

在留カードに「永住・定住」…偽造? 不法滞在で逮捕 中国人11人のほかに46人失踪か 北海道

2018年12月3日12:03
 在留期間を過ぎて、北海道南部に滞在していたとして、中国人の男女11人が逮捕された事件で、大半が「永住・定住」と書かれた在留カードを持っていたことが分かりました。

 この事件は在留期間を過ぎたままにするなどし、道南の木古内町に住んでいたとして、王春月容疑者ら11人の中国人が入管難民法違反などの疑いで先月逮捕されたものです。
 
 11人は主に短期在留資格のみで木古内町のアパートなどで暮らし、隣の知内町の工事現場で働いていました。

 その後の取材で、11人の大半の在留カードには「永住・定住」と書かれていたことが分かりました。

 偽造カードだった可能性もあるということです。

 また、11人が働いていた現場には他に46人の中国人がいましたが、行方がわからなくなっています。

 警察は不法就労を手助けした組織があるとみて調べています。

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • 特派員ロシア見聞録
  • がんを防ごう
  • FNN.jpプライムオンライン