みんなのテレビ

11人逮捕後46人も行方不明 在留カードには「永住・定住」技能実習生受け入れ会社も困惑 北海道

2018年12月3日19:03
 在留カードを偽造していたのでしょうか。在留期間を過ぎたままにするなどし、道南に滞在していたとして、中国人の男女11人が逮捕された事件で、大半が「永住・定住」と書かれた在留カードのコピーを工事担当者に見せていたことが分かりました。

 「まさに寝耳に水」「在留カードのコピーで確認し、永住、定住と書かれていた」「報道を見て、ウソだったんだなと思った」

 11人の大半の在留カードのコピーに並ぶ「永住」「定住」との文字。偽造カードだった可能性も出てきました。

 この事件は在留期間を過ぎたままにするなどし、道南の木古内町のアパートなどに住んでいたとして、王春月容疑者ら11人の中国人が入管難民法違反で11月、現行犯逮捕されたものです。一部は「働いていた」と話しています。

 近所の人:「夜中うるさい。タバコをその辺に捨てる」。出入りが激しかった」

 不動産紹介業者:「すごく腹が立つ。そのまま逃げちゃった。もぬけの殻だ」

 11人は主に短期在留資格のみで入国し、隣の知内町の工事現場で2018年8月から働いていました。メーカーからの部品を検品したところ、欠陥が多く、中国人が来ることになったということです。

 水上孝一郎記者:「逮捕された中国人は、太陽光パネルの土台のメンテナンスを担当していたということです」

 現場などでは58人の中国人が働いていましたが先月、1人が病死したり、中国人を管理していた会社が給料を出せなくなったりするトラブルが…11人の逮捕後には異変も起こりました。

 水上孝一郎記者:「逮捕された11人に加え、さらに46人もの中国人たちが突如として現場からいなくなりました」

 46人もの労働者が一度に行方不明となる異常事態です。外国人労働者の受け入れの難しさを物語っています。今回の11人は技能実習生ではありませんが、技能実習生を預かる会社も困惑しています。

 川本建設 川本正和社長:「不法就労と技能実習生を一緒にしてほしくない。場で人が不足しているのは事実。ただ、そこまでして集めて仕事になるのか、きちんとした教育を受けないと信頼のできる仕事はできない。ここへ来るときは(入国や実習に必要な仲介業者による)書類チェックも済んでいる。書類関係は現場が移るときなどもあらためてチェックしている」

 警察は不法就労を手助けした組織があるとみて、調べています。

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • 特派員ロシア見聞録
  • がんを防ごう
  • FNN.jpプライムオンライン