みんなのテレビ

【北海道の天気 12/05(水)】帰る頃氷点下に…金曜日"今季最強"冬将軍が 気温さらに低下

2018年12月5日12:26
(佐藤俊和気象予報士が解説 午前11時50分現在)

 きょうはきのうから一転して寒くなっていますね。大陸から寒気が流れ込んで、日本海側では雪の降っているところがあります。この後の雪の予想です。紫は強く降るところです。羽幌や士別周辺など、局地的に強く降る見込みです。夜は雪の範囲が広がりますが、札幌は降ってもうっすら積もる程度となりそうです。

 ただ、今回の寒気はまだ寒さの入り口にすぎません。大陸には冬将軍の本体が控えているんですね。この寒気がやってくる金曜日以降は荒れた天気となり、寒さも厳しくなりそうです。

 ◆現在の気温
 この時間は黄色や白の5℃以下のところが多くなっています。午後はさらに気温が下がり、お帰りの時間帯は氷点下のところが多くなりそうです。

 ◆この後の天気
 太平洋側は晴れて、網走、北見などでも日差しがあるでしょう。きょうは全道的に西風が強く、日本海側ではふぶくところがありそうです。

 ◆週間予報
 日本海側とオホーツク海側です。あすは朝晩、雪が降りやすいでしょう。金曜日はオホーツク海側も含めてふぶく見込みです。車の運転など、十分ご注意ください。週末の旭川は最高気温でも-5℃以下と、真冬の寒さとなりそうです。

 太平洋側です。あすからあさってにかけては、低気圧が接近するため風も強く、荒れた天気となるおそれがあります。道南を中心に湿った雪が強く降る見込みです。週末は気温が0℃を下回り、各地で真冬日となりそうです。

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • 特派員ロシア見聞録
  • がんを防ごう
  • FNN.jpプライムオンライン