みんなのテレビ

バス停にいた理由「入管に出頭しようと…」木古内町に不法滞在の中国人 認識あった? 北海道

2018年12月6日12:13
 北海道木古内町で不法滞在していた中国人11人が逮捕された事件で、一部の中国人がJR木古内駅にいた理由として「入管に出頭しようとした」と話していることが分かりました。

 この事件は11月、道南の木古内町で滞在期間を過ぎたまま暮らしていたなどとして、王春月容疑者ら中国人11人が入管難民法違反の現行犯で逮捕されたものです。

 11人は隣の知内町の工事現場で働いていました。

 11人は11月、JR北海道・木古内駅のバス停で逮捕されていて、このうちの一部がバス停にいた理由として、「入管に出頭しようとした」と警察に話していることが新たに分かりました。供述の内容から、不法滞在の認識があったとみられます。

 警察は不法滞在などを手助けした組織があるとみて調べています。

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • 特派員ロシア見聞録
  • がんを防ごう
  • FNN.jpプライムオンライン