みんなのテレビ

【北海道の天気 12/6(木)】あすは風・雪ともに強く局地的にドカ雪?交通機関やツルツル路面にも注意

2018年12月6日19:40
(菅井貴子気象予報士が解説) 午後5時45分現在

 ◆概況
 日本列島には2つ低気圧があり、この低気圧は北上していきます。1つは東に抜けるのですが、もう1つの低気圧が発達します。今夜からあすにかけて、北海道付近を通過していきそう。

 発達するので当然、風が強くなっていきます。低気圧が東にそれた時に、一時的に暴風となりそうです。北からの風がやってきます。風速30メートル、冬の台風と考えてください。ピークの時間帯は、札幌も含めて石狩地方は午後0~午後6時、札幌は午後3時前後だと思います。オホーツク海側は夕方から、暗くなってからが暴風のピークとなりそうです。そして路面も悪くなりそうです。

 ◆風の予報
 日本列島付近にはいろいろな渦があって、日本海にある渦巻きが発達してきます。低気圧に伴うものです。あすの朝9時には道南方面で風が強まっていきそうです。低気圧に回り込む風、低気圧が動くとともにどんどん風も強くなってきて、風向きも北風へと変わっていきそうです。あすの午後3時、札幌周辺では、この時間がピークとなりそう。寒気が流れ込んできますので、一気に気温も下がって、湿った路面、ツルツルになっていきそうです。

 ◆雪のエリア
 白で囲ったエリアは30~40センチくらい雪が降りそうです。それ以外のところでも20~25センチくらい降りそうですので、全道で雪。特にピンポイントで積丹町や空知方面、ドカ雪になる可能性があります。風も強いので、吹雪いて見通しの悪い所もありそうです。

 ◆降雪量予報
 あすは交通機関に影響があるかもしれません。今夜からあす朝までの雪の量、赤い地域はすでに30センチくらい、札幌市内でもあすの朝は軽く雪かきが必要なくらいとなりそうです。湿り雪なので、かなり厄介となりそうです。

 ◆あすの札幌・区ごとの予報
 札幌は雪マークがたくさん並んでいますが、午後になると一時的に風が強くなりますので、吹雪いて見通しの悪いところもありそう。そしてあすの夜にかけて、市内最大、手稲区などかもしれませんが40センチ見込まれています。

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • 特派員ロシア見聞録
  • がんを防ごう
  • FNN.jpプライムオンライン