みんなのテレビ

北海道 年末寒波 "再び"吹雪の可能性 帰省ラッシュと重なる可能性も 引き続き注意を

2018年12月27日12:00
 強い冬型の気圧配置で、27日朝は猛ふぶきとなった所もありました。これから年末にかけて再び大雪や吹雪となるおそれがあり、交通機関への影響などに注意が必要です。

 川上椋輔アナウンサー:「一般道を走っていますが、前は何も見えない状態です」

 非常に強い寒気の影響で27日朝は日本海側や日高地方で、猛吹雪となり、えりも岬では30メートルを超える暴風を観測しました。

 11時30分現在、道内の暴風雪警報はすべて解除されています。

 ただ冬型の気圧配置は今後も続くため、日本海側を中心に強風や大雪に注意が必要で、28日朝までの雪の量は最大50センチの予想です。

 28日からは、さらに寒気が強まるため再び暴風雪となり、特に29日は道央圏でも雪や風が強まる見込みです。

 交通機関が乱れるおそれがあり、帰省ラッシュと重なるため注意が必要です。

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • 特派員ロシア見聞録
  • がんを防ごう
  • FNN.jpプライムオンライン