みんなのテレビ

【北海道の天気 12/27(金)】 底冷え…札幌 予想最高気温-6℃ 道東は初日の出 期待できそう!

2018年12月27日12:35
(吉井庸二気象予報士が解説 午前11時45分現在)

 今日は、年末の寒さのピークとなります。札幌は予想最高気温でも氷点下6℃。午後のお出かけは、寒さ対策をしっかりとして下さい。

 ◆予想最高気温
 富良野は氷点下9℃、旭川や稚内、岩見沢は氷点下7℃の予想です。多くの地点で氷点下5℃を下回ります。

 そして、寒さに加えて、局地的な大雪もあすにかけて続きそうです。特に、風向きがポイントです。雪雲の予想です。きょう正午から動かします。日中から今夜遅くにかけては、西風が続き、特に、石狩北部から南空知にかけて、また、倶知安周辺で、雪の量が多くなりそうです。札幌は、そこまで雪は降らない予想です。

 日付が変わると、風向きは北西に変わってきます。札幌は北区から厚別区を中心に雪雲が流れ込みやすくなりそうです。

 ◆あす朝までの予想降雪量
 紫色のエリア、留萌南部、石狩北部、南空知は、多い所で40センチの雪が降りそうです。札幌も、市内最大で10から20センチ。あす朝は、少し早めに家を出る準備をしたほうが良さそうです。

 ◆10日間予報
 大晦日にかけて日本海側は雪が降りやすくなります。あすは、札幌にも雪雲が流れ込みやすく、多い所10センチの雪が降りそうです。29日は、暴風のピークとなり、沿岸部を中心に猛吹雪になる所もありそうです。札幌・千歳は、30日に雪が強まり、空の便にも影響が出るおそれがあります。

 太平洋側です。道東を中心に晴れる日が多くなります。ただ、函館は、明日にかけて雪が降りやすいでしょう。道東は、元日は、初日の出も期待できそうです。

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • 特派員ロシア見聞録
  • がんを防ごう
  • FNN.jpプライムオンライン