みんなのテレビ

"旅費"約5万円不正請求 旭川家裁 40代管理職員 懲戒処分に きょう付で退職 北海道

2018年12月27日19:35
 出張旅費を5万円あまり不正請求したとして、旭川家庭裁判所の40代の男性管理職員が懲戒処分となりました。

 停職6か月の懲戒処分を受けたのは、旭川家庭裁判所の40代の男性管理職員です。

 旭川家庭裁判所によりますと、男性職員は9月中旬に公務で出張した際に支払った航空運賃が27490円のところ5万円あまり多い79980円を支出したかのように装い旅費の請求手続きをし、不正が発覚しました。

 男性職員は、27日付けで退職しています。

 栗原壮太旭川家裁所長は、「裁判所に対する信頼回復に努めて参りたい」とコメントしています。

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • 特派員ロシア見聞録
  • がんを防ごう
  • FNN.jpプライムオンライン