みんなのテレビ

【北海道の天気 12/27(木)】年末寒波で大荒れ 帰省ラッシュに影響も…年始はようやく穏やかに

2018年12月27日19:35
 (菅井貴子気象予報士が解説) 午後6時20分現在

◆きょうの最高気温
 全道的に今季一番の寒さで、遠軽町白滝は最高気温が-11.1℃までしか上がらず
 真冬よりも寒い1日となった。

◆予想降雪量(あす朝まで)
 日本海側の多い所で30センチ予想、同じようなところで雪が降り続きそう。
 札幌は中央区で5センチ、市内最大は10センチの見込み。

◆年末の天気のポイント
 札幌や新千歳空港では29日(土)~30日(日)が荒れた天気のピーク。
 帰省ラッシュと重なるため、交通の乱れなどに注意が必要となりそう。

◆あすの雪予想
 南空知は活発な雪雲がかかりやすく、あす夕方までの24時間で50センチの大雪のおそれ。
 夜は留萌の内陸でも雪が強まるほか、札幌にも雪雲がかかる見込み。

◆年末年始の予報
 29日(土)は日本海側の沿岸部で猛吹雪となりそう、30日(日)にかけて交通機関に影響が出るおそれ。
 31日(月)も日本海側・オホーツク海側で雪が続く見込み。
 また、海は30日(日)にかけて大しけとなるところもあり、高波に警戒が必要。
 年始は天気が穏やかになり、道東では初日の出も期待できそう。

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • 特派員ロシア見聞録
  • がんを防ごう
  • FNN.jpプライムオンライン