みんなのテレビ

2019年の北海道 "波乱"の幕開け 新千歳 大雪で混雑 Uターン客に影響 被災地 復興に向け再始動

2019年1月7日19:10
 Uターンラッシュピークの新千歳空港を襲った大雪の影響で混雑が続きました。

 また、胆振東部地震被災地では、復興に向けて、新たな年の歩みが始まりました。

 厚真町 宮坂尚市朗町長:「復旧・復興元年、新しいスタート」

 7日、仕事始めを迎えた厚真町役場。宮坂尚市朗町長が職員を前に復興への決意を述べました。胆振東部地震から4か月。町内8か所の応急仮設住宅では123世帯281人が暮らしています。

 札幌市清田区。液状化現象で建物が傾いた認知症高齢者のグループホームです。8日から解体工事が始まり建て替えられ、5月には再び入居できる予定です。

 住民:「良い年にしたい。こうしていこうというめどが立ったので、今はそれに向けて動くだけ」

 2019年の幕開け、平成最後の初日の出です。根室市の納沙布岬には家族連れなどが訪れ歓声が上がりました。また、北海道神宮には大勢の初詣客が。正月3が日の人出は約71万人でした。

 参拝客:「家族みんなで健康に過ごせるよう願った」

 朝からできた長い行列。何かというとデパートの初売りを待つ人たちです。

 買い物客:「お菓子の良い福袋があったらいいなと思って来ました」「地下1階の食品で安いものがあるので、お総菜みたいなのを買いたいと思って来ました」

 店がオープンすると同時に福袋が飛ぶように売れていきます。元日にデパートが休業するのはすっかり普通の光景となりました。

 「あけましておめでとう」

 多くの官庁は4日が仕事始め。高橋知事の年頭あいさつです。4期16年の任期も残り3か月ほど。

 5選不出馬を表明している高橋はるみ知事の後任は4月の統一地方選挙で選ばれます。

 秋元克広市長:「次の時代に新しい世代に、札幌の街をさらに輝きを増して繋げていきたい」

 市職員を前に今年の1字を披露した札幌市の秋元市長。しかし、この日の朝札幌市のデータシステムに障害が発生。住民票などの発行が市の全ての窓口でできなくなりました。

 利用者:「きょう取りに来れば割と空いていると思い来たが、時間がかかってしまった」

 障害は約9時間後に解消。新年のスタートからつまづいた格好となりました。

 5日、札幌の中央卸売市場では初競りが行われました。仲買人や小売業者などおよそ2千人が参加。マグロやカニなどの新鮮な魚介類が売買されたその日…。

 小出昌範ディレクター:「大雪は正月休みで帰省した人たちを足止めしています」

 新千歳空港はUターンラッシュのピークを迎えましたが、夕方から降り始めた大雪の影響で100便以上が欠航。約2000人が空港内で一夜を過ごしました。

 搭乗できなかった人:「明日も予約がいっぱいなので、朝一でキャンセル待ちをする」

 6日も45人が空港内で一夜を明かしました。7日はほぼ平常通りに運航していますが混雑で搭乗手続きなどに時間がかかり、午後6時現在で欠航が7便、81便に遅れが出ています。

 2日間足止めされた人:「(おとといは)2回滑走路に出たが6時間閉じ込められた。きょうから学校、笑うしかない」

 航空各社によりますと、8日の午後まで、満席の状態が続くということです。

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • 特派員ロシア見聞録
  • がんを防ごう
  • FNN.jpプライムオンライン