みんなのテレビ

【北海道の天気 1/8(火)】日本海側は雪 あす朝まで多いところで25センチ 札幌10センチ予想

2019年1月8日12:16
 (佐藤俊和気象予報士が解説) 午前11時50分現在

 これからあす朝にかけては、雪の降る場所がポイントです。今夜にかけては西寄りの風が吹くので、西風が吹きつけるところで雪が続く見込みです。

 ところが今夜遅くになると、風が北寄りに変わります。日中あまり降らなかったところでも雪雲が通過し、あすの朝は雪かきが必要になるかもしれません。あすは念のため、時間に余裕をもって行動した方が良さそうです。

◆8日午後の天気と予想気温
 道央と道南です。岩見沢は断続的に雪が続き、江差では風がやや強く吹く見込みです。札幌は夜から雪が降り始めるでしょう。

 道北とオホーツク海側です。紋別も夜は雪が降りやすい見込みです。最高気温はきのうよりやや高いものの、氷点下3℃から5℃の予想です。

 太平洋側です。道東は冬晴れで、夜も雪は降らないでしょう。浦河は雲が多く、日中いっぱい小雪がちらつきそうです。

◆9日朝までの予想降雪量
 留萌や上川北部では最大25センチです。その他の地域でも夜に積雪が増えるところがありそうです。札幌は多い所で10センチの予想です。

◆週間予報
 あすの日中、雪は小康状態となりますが、全道的に風が強く吹くでしょう。夜は日本海側でふぶくところもありそうです。

 木曜日は気温が上がり、太平洋側ではプラスの気温となる見込みです。札幌も0℃を上回って4日ぶりに真冬日から解放されるでしょう。

 3連休は冬型が緩むため、大雪の心配はなく、日差しのもとでは暖かさを感じられるかもしれません。

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • 特派員ロシア見聞録
  • がんを防ごう
  • FNN.jpプライムオンライン