みんなのテレビ

動機は離婚トラブルか? 山林に妻の遺体捨てた39歳農家の男 殺人容疑で再逮捕 北海道

2019年1月9日16:29
 動機は離婚トラブルのようです。

 北海道三笠市の山林に妻の遺体を捨てたとして逮捕・起訴された39歳のブドウ農家の男が、殺人の疑いで再逮捕されました。

 殺人の疑いで再逮捕されたのは、岩見沢市のブドウ農家、荒井祐輝被告(39)です。

 荒井被告は2018年11月、自宅で妻の智恵さん(当時36)の首をひものようなもので締めて殺害した疑いが持たれています。

 智恵さんの死因は窒息死とみられ、調べに対し荒井被告は「殺したことは間違いない」と容疑を認めています。

 2人は2018年4月から別居していて、離婚トラブルがあったことがわかりました。

 荒井被告は2018年12月、三笠市の山林に智恵さんの遺体を捨てたとして、死体遺棄の疑いで逮捕され、9日起訴されました。

 遺体を捨てた現場からは荒井被告の供述通り、智恵さんの着衣や所持品が見つかり、「凶器も捨てた」と話していて、警察が調べています。

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • 特派員ロシア見聞録
  • がんを防ごう
  • FNN.jpプライムオンライン