みんなのテレビ

まるでラスベガス! カジノだけじゃない…世界のIR 北海道"上陸" 全貌明らかに 札幌市

2019年1月9日19:00
 カジノを中心とする統合型リゾート・IR。その全貌がはじめて北海道民に示されました。道内でのIR運営を目指す海外の大手事業者による展示会が9日から札幌市で開かれました。

 三宅真人記者:「ブースが派手、ゲートをくぐるとロックバンドのギターがある、そして苫小牧の模型がある。大きいです」

 アメリカの会社が初めて公開した、苫小牧市で想定するIRの模型です。細部にもこだわった作りから本気度が伝わってきます。

 札幌市内で9日、世界中でIRを運営する大手7社が集まり実績をPRする展示会が初めて開かれました。

 誘致に取り組む関係者のほか、道内企業が詰めかけた会場はまるでラスベガス。

 それぞれのブースでは、あくまでカジノはIRの一部で敷地の中ではコンサートやスポーツも楽しめるとアピール。

 そして、道内の有力地である苫小牧市を想定したイメージ映像を作った会社もありました。自然と融合した一大リゾートがテーマです。

 ハードロック・ジャパン 町田亜土社長:「ホテルです。37、38階型のホテルです」

 ハードロックインターナショナル社は、海外で実際に建設されているギターの形をしたホテルを作りたいと意欲を示しています。

 ハードロック・ジャパン 町田亜土社長:「やはり北海道が一番いい。自然・交通の便・資源を考えると、苫小牧市が最適なところだと思う」

 視察に来た企業は…。

 視察した旅行会社:「かなりド派手できらびやか。北海道に来たら盛り上がると、すごく感じています」

 苫小牧市 岩倉博文市長:「IR事業の正確な中身を一人でも多くの道民に知ってほしい。オール北海道として第一歩踏み出せた」

 このイベントは9日、アクセスサッポロで一般公開されます。

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • 特派員ロシア見聞録
  • がんを防ごう
  • FNN.jpプライムオンライン