みんなのテレビ

占冠村スキー場 行方不明の30歳中国人留学生を発見 バックカントリーで一夜明かす 北海道

2019年1月11日10:50
 1月10日夜、北海道占冠村のスキー場でスノーボードをして行方不明になっていた30歳の中国人留学生の男性が11日朝発見されました。

 11日午前8時40分ごろ、山の中で手を振っている男性を北海道警察のヘリコプターが発見しました。

 警察によりますと、男性はゲレンデの裏側の管轄区域外地区いわゆるバックカントリーで一夜を明かしていました。

 男性は手足に若干の凍傷があるものの、命に別状はないということです。

 警察は今後、バックカントリーに入った理由などを聞く方針です。

 中国人男性は10日中国人の友人と2人でスキー場を訪れ、スノーボードをしていましたが、午前10時ごろに友人と別れて以来、連絡が取れなくなっていました。

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • 特派員ロシア見聞録
  • がんを防ごう
  • FNN.jpプライムオンライン