みんなのテレビ

【北海道の天気 1/11(金)】札幌の雪 午後におさまる 三連休は穏やかな晴れ期待できそう!

2019年1月11日12:20
 (佐藤俊和気象予報士が解説) 午前11時50分現在

 きょうの札幌は大雪となりました。12時間の雪の量は札幌市中央区が最も多くて20センチなど、石狩の周辺でまとまった雪となっています。ただ、この雪はあと1,2時間で収まる見込みです。

◆11日午後の天気と予想気温
 この後の天気です。札幌や倶知安の雪は昼過ぎまでの予想です。道北は夕方から雪が降りますが、量はそれほど多くない見込みです。

 気温です。きのうより大幅に低く、全道的に真冬日となりそうです。富良野はきのうより7℃低い氷点下6℃の予想です。

◆3連休のポイント
 土曜日は知床方面で雪が残る他は、日の差すところも多く、雪はあまり降りません。
 日曜日は高気圧に覆われて穏やかな晴れ、月曜日の成人の日は西から雲が増えますが、天気の崩れはない見込みです。

 ただ、穏やかに晴れると放射冷却が強まるんですね。寒気としてはそれほど強くありませんが、後半は厳しい寒さのところがありそうです。行楽に出かけたり、成人式に出席される方などもいらっしゃると思います。しっかりと寒さ対策を心掛けてください。

◆週間予報
 日本海側とオホーツク海側です。連休は特に内陸の地点で冷え込みます。旭川は氷点下17℃まで下がり、この冬一番の寒さとなりそうです。火曜日から水曜日ごろは、低気圧が発達して荒れた天気となるかもしれません。その後も冬型の天気が続きそうです。

 太平洋側です。こちらでも火曜日は雪が降る見込みです。週の後半は再び寒気が流れ込み、各地で真冬日が続きそうです。

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • 特派員ロシア見聞録
  • がんを防ごう
  • FNN.jpプライムオンライン