発見!タカトシランド

鈴木夕張市長の8年間 300億円超の借金が200億円以下に 再生はこれから 北海道知事選

2019年2月1日19:37
 北海道知事選への出馬を正式表明した鈴木直道夕張市長の経歴を振り返ります。

 1981年生まれの37歳で、埼玉県三郷市の出身です。東京都の職員時代、夕張市に出向、2011年に全国最年少で市長になりました。

 借金は就任時322億円だったのが、今では195億円にまで減りました。

 4月の市長選には出馬しないことにした鈴木氏。8年間の市政で夕張はどうなったのでしょうか。

 1月1日、夕張神社の100段の階段を踏みしめ、初詣に訪れた鈴木市長。夕張の「新しい時代」を強調しました。

 夕張市 鈴木直道市長:「夕張も再出発して1年以上。新しい動きが確実に芽生えている。これから夕張にとって、新しい時代になる」

 約353億円の借金を抱えて財政破たんした、夕張市。

 鈴木市長は2011年の初当選以降、徹底した歳出カットを進めてきました。

 その為、標準的な家庭の水道料金が月6800円を超えるなど全国で一番高くなったほか鈴木市長も自らの報酬を年間250万円に据え置きました。

 そして、おととしー。

 (17年3月9日)「10年間耐えに耐え、耐え忍んだ。あらたな計画を現実のものにかえ、市民が希望を持ち、暮らしていける環境を整えたい」

 それまで借金の返済に偏ってきた財政再生計画を見直し、まちづくりにも投資できるようになったのです。

 市長が打ち出したのがコンパクトシティ構想。学校や商店が集まる地域に市営住宅を建て、お年寄りなどに移り住んでもらいます。

 橋下徹前大阪市長も視察に訪れました。

 (18年4月13日):「交通ターミナルを作る。図書館や児童館はないけれど、身の丈に合ったものをつくる」

 一方、赤字路線だったJR石勝線の夕張・新夕張間の廃止にいち早く同意することで、市内のバス路線を整備するための費用をJR北海道から引き出しました。

 こちらは夕張高校。鈴木市長は子育て世代が他の地域に出ていかないよう授業で外部講師を招くなど、特別な経験ができる高校として魅力を高めています。

 高校生:「夕張市職員に内定が決まった恩恵を受けたので、後輩たちにいい思いをさせたい」

 ただ、人口は最盛期の10分の1以下の約8000人に減りました。半分以上が高齢者で人口減に歯止めはかかっていません。

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • 特派員ロシア見聞録
  • がんを防ごう
  • FNN.jpプライムオンライン