発見!タカトシランド

「北海道を再生させる」夕張市長の鈴木直道氏 北海道知事選出馬 政治姿勢は「積極的な挑戦」

2019年2月1日19:36
 夕張市の鈴木直道市長が午前10時、会見を開き、知事選への挑戦の理由を語りました。 市長になって約8年。再建を進めてきた夕張市への思い。そして知事としての政策は?

 会見場に入る鈴木直道夕張市長を出迎えたのは、若手の経営者12人。経済界にも支持者がいると示すかのような光景でした。

 鈴木氏支持の経営者:「若手の経営者を代表してきました」「誰かに推されてやる知事ではなく自らやると宣言した言葉に感銘を受けました」

 鈴木氏が繰り返したのは、「ピンチをチャンスに」という言葉でした。

 夕張市長 鈴木直道氏:「逆境にあるかもしれない北海道を自らのすべてをかけて、ピンチをチャンスに変えて大きな可能性を持っている北海道を再生させていく」

 コンパクトシティ計画など夕張市での実績を挙げ、北海道を人口減少など課題解決の最先端の自治体にしたいと語りました。

 若さや行政経験が乏しいといった批判については。

 「12年弱、行政経験を積ませていただきました。また市長としては8年間、20年近く行政経験、市政執行に関わらせていただいた自負もあります」

 具体的な政策は告示前に示すとしましたが、政治姿勢として「積極的な挑戦」を掲げました。

 「多くの課題があります、時には首長は逃げたくなります。決断をしなかったら首長なんている意味がないんですよ。なので、しっかり問題に答えを出していく、その責任を負っていく」

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • 特派員ロシア見聞録
  • がんを防ごう
  • FNN.jpプライムオンライン