発見!タカトシランド

外は雪景色でも…一足早い春を! 福寿草と雪割草の展示会 札幌の百合が原公園

2019年2月4日10:18
 外の雪景色をよそに札幌市北区の百合が原公園では、一足早く春を感じさせる展示会が開かれています。

 暦の上では4日が、春の始まりを告げる立春です。

 札幌市北区の百合が原緑のセンターでは、春の訪れを知らせる代表的な花、福寿草と雪割草が咲き、見頃を迎えています。

 「新春を祝う」という意味を持つ福寿草は鮮やかな黄色の花が咲き誇り、さらに雪割草は小ぶりな桃色や緑色などの花が一重咲きや、花弁の重なりが多い千重咲きなどさまざまな形を見せています。

 展示会は2月17日まで開かれていて、会場では計60種以上の品種を見ることができるということです。

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • 特派員ロシア見聞録
  • がんを防ごう
  • FNN.jpプライムオンライン