発見!タカトシランド

"ブラインド方式"は北海道初 北電の泊原発で防災訓練 想定外の事態次々と…

2019年2月4日12:08
 北海道電力の泊原発で4日朝から防災訓練が始まりました。胆振東部地震など想定外の災害も起きるなか、参加者には内容が知らされない形での初めての訓練です。

 午前8時30分、震度6弱の地震が発生し、泊原発が緊急事態に陥ったという設定で始まった訓練。

 本田資記者:「1時間半経過、職員が集まってきます」

 今回は道や北電職員などの参加者に事前にトラブルの内容を知らせない、ブラインド方式で行われる道内初の訓練で、事態の進展とともに人員が招集されていきます。

 参加者は原発の冷却機能が損傷を受けたといった、突然発表されるトラブルに連携して対応しています。

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • 特派員ロシア見聞録
  • がんを防ごう
  • FNN.jpプライムオンライン