発見!タカトシランド

さっぽろ雪まつり 宿泊施設不足で"民泊"が大盛況! その一方でトラブルも…

2019年2月5日19:18
 去年(2018年)の雪まつりの観客数が約254万人。今年は春節と重なるとあって、宿泊施設の不足は深刻です。

 ホテルや旅館が満室となると、注目を浴びるのが"民泊"です。2月5日現在、札幌市に届け出された民泊施設がどれくらいあるのかというと、なんと1491件。

 札幌市内の10区全てにあり、そのほとんどが、マンションやアパート。空き部屋を効率良く使おうというケースが多く、雪まつり期間中は大盛況のようです。

 一方で、トラブルも増えています。

 多いのは、"ごみ出し"トラブル。分別をしなかったり、指定場所や指定曜日に出さなかったりというケースもあります。

 そして"騒音"。深夜に大声で騒ぐなどして住人から苦情が寄せられることもあるということです。

 海外からの観光客が増える中、札幌の宿泊体制の充実を考えなければなりません。

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • 特派員ロシア見聞録
  • がんを防ごう
  • FNN.jpプライムオンライン