発見!タカトシランド

金曜日の札幌 水道凍結指数"100" 日中は-10℃予想! 40年ぶり極寒で街に何が起こる?

2019年2月6日19:05
 8日金曜日、皆さんご注意です。とんでもない寒さが札幌を襲います。

 日中の最高気温が何と氷点下10度!実に40年ぶりのことです。その時、街で何が起こるのか?過去の映像で振り返ります。

 今から18年前の1月12日。札幌市では日中、氷点下10度からなかなか気温が上がりませんでした。

 大忙しだったのが水道工事の業者さん。水道が凍結してしまった家からの修理依頼が、こちらは、この日だけで20件を越えました。8割が一人暮らしの人で日中、留守にするケースが多かったと言います。

 冷え込みが厳しいと夜だけではなく、昼でも注意が必要なんですね。さらに恐ろしいことも…。

 遠藤克記者(2001年放送):「バーナーから壁に燃え移った火は、壁の内部や天井裏に燃え広がりました」

 同じく18年前の2月。水道凍結が原因の火事が相次ぎました。

 札幌市南区では凍った水道管を解かすために使ったバーナーの火が引火し火事に。

 また、留萌市でも電気解氷器の熱から火事になっています。水道凍結がらみの火事は、壁の内側や天井裏に火が回ることが多く消火に手間取ったといいます。

 日本気象協会が発表している水道凍結指数。8日の札幌は最高値の100となっています。十分にご注意ください!

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • 特派員ロシア見聞録
  • がんを防ごう
  • FNN.jpプライムオンライン