発見!タカトシランド

JR北海道 脱線事故データ改ざん問題 会社に100万円の罰金刑 幹部の関与"無し"無罪判決 札幌簡裁

2019年2月6日20:20
 6年前の貨物列車脱線事故のあとレールの検査データを改ざんし、国にウソの報告をしたとして、JR北海道と本社の元幹部3人が鉄道事業法違反などの罪に問われている裁判。2016年の初公判から2年余り、ようやく司法の判断が下されました。

 札幌簡易裁判所は6日、法人としてのJRには罰金の有罪判決を言い渡す一方、争点となっていた幹部3人による改ざんへの関与はなかったとして無罪を言い渡しました。

 JR北海道と当時の本社の幹部3人は2013年、七飯町で起きた貨物列車脱線事故のあと、改ざんしたレールのデータを国に報告したとして、鉄道事業法違反などの罪に問われていました。

 これまでの裁判で元幹部3人は、「レールデータの変化は数値の訂正に過ぎないとの認識だった」とし、無罪を主張していました。

 6日の判決で札幌簡裁は現場による改ざんを認識していたとまでは言えないとして3人に無罪を言い渡しました。

 その一方、JR北海道に対しては「従業員にうその報告をさせたことは責任が重い」として、罰金100万円の有罪判決を言い渡しました。

 弁護側の会見:「検察側の見立ては会社ぐるみで改ざんをした」「(弁護側の)見立ては現場が本社向けに改ざんをした」「弁護側の主張がほぼ全面的に理解された」

 判決後、JRの島田社長は「会社に有罪判決が出た事実を重く受け止め、安全を最優先とする企業風土改革に全力で取り組んでまいります」とコメント。

 一方、札幌地検は「判決内容を精査し適切に対応したい」とコメントしました。

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • 特派員ロシア見聞録
  • がんを防ごう
  • FNN.jpプライムオンライン