発見!タカトシランド

【北海道の天気 2/7(木)】日本海側夜ふぶく 札幌はあす日中ずーっと-10℃以下

2019年2月7日12:10
 (佐藤俊和気象予報士が解説) 午前11時50分現在

 上空には記録的に強い寒気が迫っていて、あすはこの寒気に覆われる見込みです。

◆7日午後の天気と予想気温
 午後は全道的に雪が降りやすいですが、極端な大雪にはならないでしょう。夜は石狩北部や留萌など、日本海側でふぶきとなり、あす朝にかけて局地的に猛吹雪となるかもしれません。

 気温です。各地とも、きのうよりも低くなります。氷点下5℃前後のところが多く、真冬の寒さとなりそうです。

◆8日は全道で極寒の1日
 札幌は今夜、気温がぐっと下がります。あす未明が最も高く、日中は氷点下10℃を下回ったままとなりそうです。

 道内各地のあす正午の気温です。旭川や北見は氷点下13℃の予想です。南西部の函館でも氷点下10℃で、最低気温の平年値よりも低くなりそうです。昼間でも水道管が凍結するおそれがありますので、十分な注意をお願いします。

◆週間予報
 日本海側とオホーツク海側です。あすは日本海側を中心に雪が降り続く見込みです。3連休はあすよりも気温が高くなりますが、それでも氷点下5℃前後の寒さでしょう。来週前半も平年を下回る寒さが続きそうです。

 太平洋側です。土曜日の朝は厳しい冷え込みとなります。陸別町など、内陸では-30℃まで下がるかもしれません。その後も寒さが続きますので、体調管理にご注意ください。

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • 特派員ロシア見聞録
  • がんを防ごう
  • FNN.jpプライムオンライン