発見!タカトシランド

【北海道の天気 2/7(木)】"平成大寒波"まであと1日 防寒をしっかりして冬まつりを楽しんで!

2019年2月7日18:42
(菅井貴子気象予報士が解説) 午後5時45分現在

◆あすの最高気温
 あすは日中が一番寒くなりそう。札幌は2ケタで氷点下11℃。道北などでは氷点下13℃。
 寒気が強いので、道南や釧路でも氷点下10℃と、全道的に2ケタ。
 日本海側・留萌、石狩北部、後志は朝は猛吹雪となりますので、体感的には氷点下20℃以下となりそうです。
 
 内陸は大雪の可能性もあって、上川北部・中部、留萌地方、明日の夕方にかけて40センチの大雪が予想されます。
 寒さと雪と強い風と、特に午前中はあまり吹雪いているようでしたら外出は控えた方がよさそうです。

◆札幌 区ごとの予報
 あすは最高気温でも氷点下11℃。白石区、厚別区などでは氷点下12℃。
 雪マークはたくさんありますが、そんなに降りません。
 中央区は3センチ、市内最大、北区・東区・厚別区は5センチを見込んでいます。

◆あすの天気
 あすは沿岸部で吹雪マーク。降雪量はあすの夕方にかけて上川、留萌地方で40センチ。

◆あすの予想気温
 最低気温と最高気温があまり変わりません。
 むしろ日付が変わって夜中の方が気温が高くて、日中にかけてぐんぐん気温が下がるというパターンになりそうです。

◆週間予報
 土曜日の朝が寒さの底です。北見は最低気温が氷点下25℃。
 3連休は極端な大雪にはなりませんが寒くなりますので、防寒をしっかりして冬まつりを楽しんでください。
 陸別町はよく晴れれば土曜日の朝は氷点下30℃まで下がる可能性があります。

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • 特派員ロシア見聞録
  • がんを防ごう
  • FNN.jpプライムオンライン