発見!タカトシランド

凍える札幌 シャツとジーンズ置いてみると…昼過ぎなのに 「オーマイガッド! 」 北海道

2019年2月8日16:30
 8日の札幌は、記録的な寒気が流れ込み、凍えるような一日となっています。

 午前0時過ぎに最高気温氷点下10.1℃を観測して以降、気温が下がり続け、正午の気温でも氷点下11.8℃と、一日を通して、氷点下10℃を下回ったままとなっています。

 このまま、最高気温が氷点下10℃以下のままであれば、40年ぶりの寒さとなります。

 札幌市中央区のUHB本社前に8日午後1時ごろ、シャツとジーンズを置いてみました。すると、みるみるうちに凍っていき、シャツは約5分、ジーンズは約10分でカチコチの状態に!

 この"フローズンシャツ"と"フローズンジーンズ"をさっぽろ雪まつりの会場を訪れた外国人観光客に見せてみると、「ワオー。オーマイガッド! 」と驚きの声が上がりました。

 雪まつり期間中にやってきた最強寒気。寒さのピークは9日朝で、内陸では氷点下30℃まで冷え込むところもありそうです。

直近のニュース

  • ビデオPost
  • みんなのテレビ
  • 特派員ロシア見聞録
  • がんを防ごう
  • FNN.jpプライムオンライン